スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が反抗しないのは逆に問題

投稿日:

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さんもお父さんも楽しんできたような場合には、反抗があまり強く現われないことがあります。反抗する必要のないほど理解のある両親だからーといってもよいでしょう。

家族の皆で協力し合って、欲望を統制する力を養うために、きちっとルールを作ることが大切です。時間を決めて菓子を与えるとか、日時を決めて玩具を買い与えるなどです。この時期にきちっとしつけをしておかないと、子どもの年齢が高くなればなるほど、扱いにくくなってしまいます。

この年齢の子どもにふさわしいいたずらの手本を示します。それと同時に、お母さんやお父さんの指導をしなければなりません。このようにして「いたずら」ができる子どもに変りますと、次に、「反抗」が始まってきます。

お行儀のよいおとなしい子どもに

多くは、いたずらを禁止して、お行儀のよいおとなしい子どもにしてしまっているはずです。そうであれば、いたずらのできる子どもにする必要があります。この年齢の子どもは、比較的早く悪ふざけにのってくれます。そして、行儀を悪くしてもそれに注意を与えないようにします。

中には、かなりひどい反抗をするので、お母さんには腹の立つようなことも起きる場合があります。しかし、そうした反抗状態を切り抜けますと、行動に積極性が現われてきて、お友だちとよく遊ぶことのできる子どもに変ります。ただし、一時は「けんか」をよくするでしょう。

自発性とともに、情緒の発達についても考えておく必要があります。その点で忘れてはならないことは、お母さんに「甘える」かどうかです。疲れたとき、眠いとき、ちょっとした不安があるときに、お母さんのひざを求めたり、お母さんのからだにもたれかかってきたりして、「甘える」でしょう。ですから、この年齢の子どもは、「反抗」を示しながら「甘える」こともします。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

もっと親の主張が伝わっていくためには

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげること …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …