スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供が反抗しないのは逆に問題

投稿日:

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さんもお父さんも楽しんできたような場合には、反抗があまり強く現われないことがあります。反抗する必要のないほど理解のある両親だからーといってもよいでしょう。

家族の皆で協力し合って、欲望を統制する力を養うために、きちっとルールを作ることが大切です。時間を決めて菓子を与えるとか、日時を決めて玩具を買い与えるなどです。この時期にきちっとしつけをしておかないと、子どもの年齢が高くなればなるほど、扱いにくくなってしまいます。

この年齢の子どもにふさわしいいたずらの手本を示します。それと同時に、お母さんやお父さんの指導をしなければなりません。このようにして「いたずら」ができる子どもに変りますと、次に、「反抗」が始まってきます。

お行儀のよいおとなしい子どもに

多くは、いたずらを禁止して、お行儀のよいおとなしい子どもにしてしまっているはずです。そうであれば、いたずらのできる子どもにする必要があります。この年齢の子どもは、比較的早く悪ふざけにのってくれます。そして、行儀を悪くしてもそれに注意を与えないようにします。

中には、かなりひどい反抗をするので、お母さんには腹の立つようなことも起きる場合があります。しかし、そうした反抗状態を切り抜けますと、行動に積極性が現われてきて、お友だちとよく遊ぶことのできる子どもに変ります。ただし、一時は「けんか」をよくするでしょう。

自発性とともに、情緒の発達についても考えておく必要があります。その点で忘れてはならないことは、お母さんに「甘える」かどうかです。疲れたとき、眠いとき、ちょっとした不安があるときに、お母さんのひざを求めたり、お母さんのからだにもたれかかってきたりして、「甘える」でしょう。ですから、この年齢の子どもは、「反抗」を示しながら「甘える」こともします。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、 …

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …