スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の冒険心の現われというべき行動

投稿日:

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上げて運ぼうとすることがあります。

そのときに、お母さんやお父さんはどういう扱いをしたらよいでしょうか。お母さんの多くは、「そんな持ち方をしないで」とか「ちゃんと持ちなさい」というでしょう。それをいうのはなぜでしょうか。食器をこわされては困るという経済上の理由からではないでしょうか。その前に、子どもの側に立って考えてみる必要があります。

また、探検に夢中になっていると、時間のことを忘れるかも知れません。このような話し合いには、すぐに結論を出すとか、お母さんに約束をさせることは必要ないでしょう。次に探検にいったときに、子どもは、お母さんと話し合ったことを必ず思い出します。

自発性の発達している子どもの姿

子どもは、「途中から電話をかければいい」とか、「時間までに帰ってくるようにする」「初めにお母さんにいっていく」などというでしょう。そのうちのどの方法がよいかについても話し合う必要があります。初めにお母さんにいったのでは、とめられる公算が大きいでしょう。自分なりに考えて、その中の最もよい方法を選んで、それを実行するでしょう。これが、自発性の発達している子どもの姿です。

じょうずに台所まで運んだならば、それをほめてあげることができる。「うまくなったわね」といってあげれば、子どもはうれしそうな顔をして、「まかしとけい」などというでしょう。まかせておきますと、同じようなことを何回かくり返し、それらが成功すると、きちっと持って運ぶようになるものです。

片腕でお盆を運ぶところまで運動能力が発達してきたということを考えるならば、まず、喜びの目を輝かして、どのようにその冒険を実現することができるかを、口を出さずに見守っていることができるものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんは出来事の世界で新しい能力を幅広く身に付けていく

あなたの赤ちゃんは、出来事の世界、で、新しい能力を幅広く身に付けていきます。どんな能力を身に付けるのかは、赤ちゃんの好みや興味の対象、あるいは目立った肉体的な特徴などに基づいています。 一語が二語の短 …

no image

家の周りの子供にとっての危険

引越し先の家の周囲で、子どもが活動しそうな範囲内を、お母さんとお父さんとで点検をしておく必要がありますし、すでに同じところに永く住んでいる両親でも、休日の朝早くに、二人でゆっくりと危険の有無を点検し直 …

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …