スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の冒険心の現われというべき行動

投稿日:

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上げて運ぼうとすることがあります。

そのときに、お母さんやお父さんはどういう扱いをしたらよいでしょうか。お母さんの多くは、「そんな持ち方をしないで」とか「ちゃんと持ちなさい」というでしょう。それをいうのはなぜでしょうか。食器をこわされては困るという経済上の理由からではないでしょうか。その前に、子どもの側に立って考えてみる必要があります。

また、探検に夢中になっていると、時間のことを忘れるかも知れません。このような話し合いには、すぐに結論を出すとか、お母さんに約束をさせることは必要ないでしょう。次に探検にいったときに、子どもは、お母さんと話し合ったことを必ず思い出します。

自発性の発達している子どもの姿

子どもは、「途中から電話をかければいい」とか、「時間までに帰ってくるようにする」「初めにお母さんにいっていく」などというでしょう。そのうちのどの方法がよいかについても話し合う必要があります。初めにお母さんにいったのでは、とめられる公算が大きいでしょう。自分なりに考えて、その中の最もよい方法を選んで、それを実行するでしょう。これが、自発性の発達している子どもの姿です。

じょうずに台所まで運んだならば、それをほめてあげることができる。「うまくなったわね」といってあげれば、子どもはうれしそうな顔をして、「まかしとけい」などというでしょう。まかせておきますと、同じようなことを何回かくり返し、それらが成功すると、きちっと持って運ぶようになるものです。

片腕でお盆を運ぶところまで運動能力が発達してきたということを考えるならば、まず、喜びの目を輝かして、どのようにその冒険を実現することができるかを、口を出さずに見守っていることができるものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お父さんと子供の遊びの時間

初めは駄じゃれでもよく、皆が楽しい気分になればよいの。努力をしているうちに、ユーモアのセンスが育ってくるものです。話題が楽しいと、食卓も明るくなります。子どもたちもそれに応じて、学校や友だちの家で体験 …

no image

ああしろ、こうしろと言葉で気持ちを遮断してしまってはダメ

自ら成長していく力は植物自身がすべてもっている。そこに不備はない。だからそれを信じていけばよい。これは子育てにも通じる根本の原理だと思います。トマトの声を聴き、必要なものを与えてあげることで小さな種が …

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

新生児を泣き止ませる方法

ときには、授乳している間に眠ってしまい、赤ちゃんをそっと揺りカゴに降ろそうとしたとたんに泣き出すことがあります。授乳や睡眠の時間を正確に守っている母親は、赤ちゃんがミルクを飲みながら眠っていることに気 …

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …