スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の冒険心の現われというべき行動

投稿日:

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上げて運ぼうとすることがあります。

そのときに、お母さんやお父さんはどういう扱いをしたらよいでしょうか。お母さんの多くは、「そんな持ち方をしないで」とか「ちゃんと持ちなさい」というでしょう。それをいうのはなぜでしょうか。食器をこわされては困るという経済上の理由からではないでしょうか。その前に、子どもの側に立って考えてみる必要があります。

また、探検に夢中になっていると、時間のことを忘れるかも知れません。このような話し合いには、すぐに結論を出すとか、お母さんに約束をさせることは必要ないでしょう。次に探検にいったときに、子どもは、お母さんと話し合ったことを必ず思い出します。

自発性の発達している子どもの姿

子どもは、「途中から電話をかければいい」とか、「時間までに帰ってくるようにする」「初めにお母さんにいっていく」などというでしょう。そのうちのどの方法がよいかについても話し合う必要があります。初めにお母さんにいったのでは、とめられる公算が大きいでしょう。自分なりに考えて、その中の最もよい方法を選んで、それを実行するでしょう。これが、自発性の発達している子どもの姿です。

じょうずに台所まで運んだならば、それをほめてあげることができる。「うまくなったわね」といってあげれば、子どもはうれしそうな顔をして、「まかしとけい」などというでしょう。まかせておきますと、同じようなことを何回かくり返し、それらが成功すると、きちっと持って運ぶようになるものです。

片腕でお盆を運ぶところまで運動能力が発達してきたということを考えるならば、まず、喜びの目を輝かして、どのようにその冒険を実現することができるかを、口を出さずに見守っていることができるものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

母の顔色ばかりを伺う子供

Kくんという小さな男の子がいます。厳しい叱りつけは生活全般におよび、Kくんが何かちょっとミスをしこしたり、言われたようにすぐに片づけをしなかったりすると、容赦なく叱責していた。おもらしやおねしょはしょ …

no image

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切です。お母さんが自分の都合で、何とか早く寝かしつけようとして焦りますと、それが子どもにもそれとなくわかり、かえっていらいらして寝つきが悪くなるもの …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

口を出さないという教育

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりす …