子育て

子供が扱いにくい時期に関するある研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる扱いにくい時期、(私たちが生後二〇カ月の間に特定した時期)の一〇回のうち六回にまで、赤ちゃんの脳に大きな変化が見られたことを明らかにしています。そして、それぞれの時期のすぐ後には、精神的な発達が見られた。

神経科学の研究は、脳の成長や発達についての母子の相互作用に関する研究が正しいことを裏付けています。赤ちゃんがよく泣いたり、機嫌が悪く甘えたりするといった特徴があります。そして、この時期が過ぎると、いつも赤ちゃんには身心ともに大きな成長がみられるのです。精神的な成長も、多少ともそれと同じように進んでいくのです。

また、残り四回の扱いにくい時期に関する研究でも、同様の結果が導き出せるだろうと考えられています。たとえ、あなたが自分の子供の変化に気付かなくても、このような発達のプロセスは着実に進んでいるのです。考えてみれば、生後わずか一年の間に直面しなければならない変化の数は、時には途方に暮れることがあるにせよ、さほど驚くべきものではありません。

発達のステップの前には

発達のステップの前には、私たちは扱いにくい時期と呼んばれてますが、赤ちゃんが母親や自分の世話をしてくれる人の気を引こうとして泣いて甘える時期が必ず訪れるのです。そして、何と驚くべきことに、その扱いにくい時期、が生後一年の間に、どの赤ちゃんにもほぼ同じ時期に訪れ、誤差も一、二週間程度にすぎないのです。

ちょうど初めて歯が生えるように、生後二年の間に見られる身体的な変化は、精神面での発達と何ら関係がないのです。言いかえれば、心の発達の各ステップは、必ずしも身体の発達に影響を及ぼすとは限らない。

飛躍的な成長をみせるどのステップでも、赤ちゃんは新たな情報を吸収し、肉体的にも精神的にも身に付けた能力を磨くためにそれらを用います。そして、あらゆる点で大人に一歩ずつ近づいていく。しかし、精神面でのこのような飛躍的な成長のステップは、肉体的な成長の時期と必ずしも一致するとは限りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加