スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供を甘えさせてあげる

投稿日:

子どもを甘えさせましょう。そう言われても、甘えさせるとはどういうことか、イメージのつかない方も多いかもしれません。「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことを勘違いしている方が多いのです。「子どもを甘えさせるって何をすればいいの?」「子どもを甘えさせたら、ますます聞き分けのないわがままな子になるのでは?」という親御さんたちの大合唱も間こえてきそうです。

身体を育てるには五大栄養素や水、空気、睡眠といったものが不可欠ですが、心を育てる栄養素とは何でしょうか?心が育つためのご馳走は「喜び」につきます。「喜び」を最も満たすもの、それは大好きな人に存分に「甘えられる」こと。

人が生きていくときの最も大きな心のエネルギーとなるのは安心感です。自分に安心していられること、他人や外界に安心していられること、この二つがあって人は地にしっかりと足をつけて自らの人生を創りあげていけるようになります。「甘えさせる」をひと言で言うなら、子どもをあるがままに無資格で無条件で受け入れ、存在そのものを喜び、たっぷりの愛情で包み、安心させてあげることです。

安心感はどうやって育まれるのか

安心感はどうやって育まれるのでしょうか。それは大好きな人から無条件、無資格にたっぷりと愛されることしかありません。子どもが大好きな人といえば一番はお母さんです。お母さんが、自分の存在そのものを無資格で、無条件で愛してくれているという大きな喜びが安心感を育むのです。

自分に安心していられるには「自分は大丈夫」「自分はできる」という自尊の感情が必要です。これは自分を信頼できるということです。自分を信頼できれば人も信頼していくことができます。根底に自分への安心感があると、たとえ上がぐらぐらしても足元はビクともしません。このようなビクともしない足場を子どものうちにつくってあげるのが「甘えさせる」ということなのです。

何の不安も、何の疑問もなく、子宮の中にいたときと同じように、あるがままの状態で安心しきってお母さんに身をゆだねることができる、これが「甘える」ことなのです。これ以上の喜びはないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母 …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれ …

no image

夫への不満の伝え方

夫への不満を持っている奥さん達。「仕事で忙しいんだ。疲れているんだからそんな話は今聞きたくない」としたら、話したくなる雰囲気を妻であるあなたがつくっていないということ。私だって働いて疲れきっている!と …