スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

投稿日:

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に刻み込まれます。

思春期以後のいろいろな問題の根源は、すでに乳幼児期にあるといえます。お母さんとの情緒的関係が最も緊密になるのは、一歳から三歳の間で、とくに一歳半から一歳半にかけてです。お母さんに「甘える」という現象がそれで、不安があったり、疲れたり、眠たくなったりすると、お母さんのひざの上にのってくるでしょう。

抱きぐせは、子どもの心を無視して、一人遊びをしたいときに抱き上げてしまったり、泣かせまいとして抱いてしまった結果。子どもとの心の通い合いができていないためです。このような子どもは、決して家庭離れをすることはないものです。家庭離れとは、思春期になって家出をしたり、非行に走ることです。自殺する子どもも、お母さんのよいイメージが心に刻み込まれていないからと考えられます。

「甘え」が受け入れられると

「甘え」が受け入れられると、大きくなるにつれて、他人を受け入れることのできる暖かい心が芽ばえてきます。もし、「甘える」ことをしない子どもがいれば、一見独立心があるように見えますが、「にせ」の独立心です。それは、甘えない「よい子」だとしてほめられたいから、むりをしているにすぎないのです。

やはり、将来が心配な子どもです。ゆっくりと時間をかけて、お母さんに「甘える」ことのできる子どもにしてあげなければなりません。それには、身体接触が非常に大切です。お母さんの後追いがひどくなるかも知れません。夜中には、お母さんの布団の中にもぐり込んでくるでしょう。これらはすべて、お母さんとの関係がしっかりとついてきている証拠です。ですから、子どもの要求に応じて、ひざの上に抱き、添い寝をしてあげることが大切です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同 …

no image

子供の人見知りが激しい状態になる

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつく …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

可愛いベビーとの色々な遊びの方法

・ママの胸でジャンプ&バウンド遊び 赤ちゃんはうれしそうな声を上げながら、何回も「立ったり座ったり」するこの遊びをしたがるでしょう。活発な赤ちゃんはあなたに抱かれている時でも、自由に動こうとし …