スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナリングラインの基礎はアウト・イン・アウト

投稿日:

コーナーリングでは、最初はあくまでもスムーズさに重点をおいた走りをするのがコツ。アウト・イン・アウトを意識することは大切だが、それは次のステップ。すでにスムーズに走れる人は、アウト・イン・アウトをいかにスムーズに走るかが課題となる。成果は努力しだいだ。

アウト・イン・アウトはコーナリングの原則だが、あまりにインを意識すると出口でオーバーアウトになりがちだ。脱出にさいしては進入半径と同じか、より大きな円を描いてセンターラインに溺近線、を描くように走る。そうして走行ラインの中央に戻るのだ。

コーナリングとなるとポジションの違いがものすごく大きな差となってくる。しかもコーナリングがうまくできるかどうかは、スピードのすべてを決定してしまう。これはちょっと考えればすぐわかる。

こんな状況の日本の道路をあなたたちは走る

日本で何キロもストレートが続くようなシがどれだけあるというのだ。何百メートルか走ればすぐコーナー、コーナーを抜ければすぐまたつぎのコーナーが待ち受ける。こんな状況の日本の道路をあなたたちは走る。

ライディングポジションが最も問われるのは、ほかならぬコーナリング中だ。だが、それが直進状態であれば、少しくらい勢いがくずれていても、たいした影響はない。安定感はないが、スピードがまるで違うとか、パニックが起こるとか、そういった大げさなへだたりはない。あえていうなら、見た目。よくないし、万一のときに危機を回避できる余裕がない、といった程度。不安定な姿勢は危機回避への対応が遅れ、取り返しのつかない事態を招きやすい。人車一体になっていればコーナリングは安定するし、危険が迫ってもなんとか避けられる。

コーナリングがそのままテクニックを物語る、といってなんの不思議があろうか。このコーナリングテクニックを決定づけるのがライディングポジションだ。要するに、ニーグリップをきかせてバイクと一体になって走ることが大切なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …