スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーの最速ライン

投稿日:

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、センターラインすれすれを走ろうとも問題はない。かえってそのほうが安全性が高い場合だってあるのだ。だが、この方法が使えるのは道の全幅が見渡せるところ。

アウト・イン・アウトはコーナリングラインの基本。これはコーナーをクリアするための最速ラインだ。ところが、コーナーはたったひとつだけ、というような場合は少なく、ふたつ、3つと連続する場合がほとんど。そんなときはアウト・イン・アウトをコーナーに合わせて使い分けて走ることになるが、ゆるいコーナーが連続していることも多い。そして、そんな場所は比較的見通しがよいものだ。こういった複合コーナーは、アウト・イン・アウトをとっているとわずらわしいばかりでなく、遅い。だからまっすぐに走るのだ。

少しでも道が隠れていたりすると

ただ、少しでも道が隠れていたりすると、この手は使わないことだ。そこになにがひそんでいるかもしれず、思いがけないケガをすることがある。くれぐれも安全の確認は怠らないようにしたい。またセンターラインはできるだけ短時間で通過すること。センターラインのペイント上に乗るとタイヤのグリップ力は低下し、スリップして尻を振ったり、最悪の場合は転倒にもつながってしまう。

また、行く手を崖や木にさえぎられて、出口のまったく見えないコーナーがある。ブラインドコーナーだ。山を切り開いて作った道や山肌を縫うような山岳路に多いが、交差点だって左右がよく見えない場合がある。こういった場合は、アウト・イン・アウトを使うとかえって危険なことがある。路面と交通状態を読みながら、自分がどこを走るかをあらかじめ決定して、その想定ライン上をトレースすることだ。ここでも遠方を見る視線と的確な判断力が要求される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …