スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーの最速ライン

投稿日:

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、センターラインすれすれを走ろうとも問題はない。かえってそのほうが安全性が高い場合だってあるのだ。だが、この方法が使えるのは道の全幅が見渡せるところ。

アウト・イン・アウトはコーナリングラインの基本。これはコーナーをクリアするための最速ラインだ。ところが、コーナーはたったひとつだけ、というような場合は少なく、ふたつ、3つと連続する場合がほとんど。そんなときはアウト・イン・アウトをコーナーに合わせて使い分けて走ることになるが、ゆるいコーナーが連続していることも多い。そして、そんな場所は比較的見通しがよいものだ。こういった複合コーナーは、アウト・イン・アウトをとっているとわずらわしいばかりでなく、遅い。だからまっすぐに走るのだ。

少しでも道が隠れていたりすると

ただ、少しでも道が隠れていたりすると、この手は使わないことだ。そこになにがひそんでいるかもしれず、思いがけないケガをすることがある。くれぐれも安全の確認は怠らないようにしたい。またセンターラインはできるだけ短時間で通過すること。センターラインのペイント上に乗るとタイヤのグリップ力は低下し、スリップして尻を振ったり、最悪の場合は転倒にもつながってしまう。

また、行く手を崖や木にさえぎられて、出口のまったく見えないコーナーがある。ブラインドコーナーだ。山を切り開いて作った道や山肌を縫うような山岳路に多いが、交差点だって左右がよく見えない場合がある。こういった場合は、アウト・イン・アウトを使うとかえって危険なことがある。路面と交通状態を読みながら、自分がどこを走るかをあらかじめ決定して、その想定ライン上をトレースすることだ。ここでも遠方を見る視線と的確な判断力が要求される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …