スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーの最速ライン

投稿日:

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、センターラインすれすれを走ろうとも問題はない。かえってそのほうが安全性が高い場合だってあるのだ。だが、この方法が使えるのは道の全幅が見渡せるところ。

アウト・イン・アウトはコーナリングラインの基本。これはコーナーをクリアするための最速ラインだ。ところが、コーナーはたったひとつだけ、というような場合は少なく、ふたつ、3つと連続する場合がほとんど。そんなときはアウト・イン・アウトをコーナーに合わせて使い分けて走ることになるが、ゆるいコーナーが連続していることも多い。そして、そんな場所は比較的見通しがよいものだ。こういった複合コーナーは、アウト・イン・アウトをとっているとわずらわしいばかりでなく、遅い。だからまっすぐに走るのだ。

少しでも道が隠れていたりすると

ただ、少しでも道が隠れていたりすると、この手は使わないことだ。そこになにがひそんでいるかもしれず、思いがけないケガをすることがある。くれぐれも安全の確認は怠らないようにしたい。またセンターラインはできるだけ短時間で通過すること。センターラインのペイント上に乗るとタイヤのグリップ力は低下し、スリップして尻を振ったり、最悪の場合は転倒にもつながってしまう。

また、行く手を崖や木にさえぎられて、出口のまったく見えないコーナーがある。ブラインドコーナーだ。山を切り開いて作った道や山肌を縫うような山岳路に多いが、交差点だって左右がよく見えない場合がある。こういった場合は、アウト・イン・アウトを使うとかえって危険なことがある。路面と交通状態を読みながら、自分がどこを走るかをあらかじめ決定して、その想定ライン上をトレースすることだ。ここでも遠方を見る視線と的確な判断力が要求される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …