スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

投稿日:

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流ということになるのだ。なぜか?下りではエンジン以外のパワーが加わるからだ。それはいうまでもなく引力。

多くのコーナーを走り込んで、カン、を養うことが大切。山肌を縫うようにして走るワインディングロードなら文句なし。豊富にある練習場はあなたを待っているのだ。ただし、くれぐれも対向車に注意すること、どんな場合でもセンターラインを越さないようにしたい。

アクセル、ギア、ブレーキ、この3つを使いこなしてはじめて正確で安全なコーナリンクが可能となる。ところが登りはアクセルだけでこと足りる。この差は大きい。これほどに微妙なコントロールを要求されるからこそ、下りコーナーはむずかしい。走り込めば走り込むほど、下りはむずかしい。だからこそ面白いといえるのだが、できるかぎりハイスピードで下る、には、それ相応のテクニックが要求される。

放っておいても自然に止まるが

登りならエンジンのパワーだけで走っているので制御がたやすい。アクセルグリップを戻してやれば、それにエンジンは従順に従い、放っておいても自然に止まる。ところが下りではそうはいかない。アクセルを戻したところでェンジンブレーキはきくかもしれないが、それだけではけっして止まってくれない。そのためにブレーキを使わなければならず、その状態からコーナリングにはいらなければならない。

登りを難なくこなせる、と確信できるようになってはじめて下りにチャレンジするくらいの気がまえで臨んでもらいたい。センターラインまでの道幅を最大限に使ってのアウト・イン、アウトを低速でこなしつつ、徐々にカンを養っていく。これしか練習方法はない。また、登りコーナーは下りよりやさしいとはいったが、右に左に曲がる登りはやはりむずかしいもの。コーナーがふたつくらい連続するならたいしたことはないが、日光のいろは坂のようにへアピンに近いようなコーナーがからみ合っている場所では、下りに劣らずハイテクニックが要求される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

バイクの防寒対策

上下のウェア。皮革製のツナギは安全性は高いが保温性はほとんどなく、レザースーツだけで走ることは不可能になる。あくまでレザースーツを着用するなら、スーツの下着にハイネック(首まで覆う)のシャツ、ズボン下 …

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …