スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

投稿日:

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ
ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが自由にどこでも使ってよいというわけではないことを十分に認識してほしい。

アウトに膨らまないため、ライダーはリーンしたマシンよりもっともっと内側に身体を倒し込んでマシンが立つのを防ぎながらコーナーをクリアしていくのがハングオンである。このため、ライダーは極端に身体を内側にずらし、時には腰を完全にマシンの内側に落とし込んでしまうほどだ。この時のフォームを外側からみるとライダーの身体はほとんどみえず、まるでマシンだけが走っているかのようなすごい迫力のシーンとなる。

一般公道ではハングオンを使うようなハイスピードでは走行できないし、ハングオンはあくまで対向車も来ない、信号もない道路に適するものだ。腰を落としたフォームなのでとっさの際に対応することが難しいから、十分に安全性を保てる場所でしか使うことはできない。要は、サーキットで生れサーキットでその真価を発揮するテクニックなので、どうしてもハングオンで走ってみたいのなら、サーキットでの走行会などに参加して実際に走ってみることだ。

ダートトラックレース

ダートトラックレースは、アメリカで人気のあるレース。1周400mほどのトラックは、路面が平らな砂地になっていて、ライダーはコーナーをスライドし、逆ハンを切って回っていく。ちょうどオートレースのようなものだ(オートレーストラックはアスファルト)。従って、リヤがすべっても何ともない。

スペンサーと同じく世界チャンピオンを獲得したK・ロバーツもダートトラックあがりのライダーであり、今やロードレースの入門にはダートがよいとされるほど。日本人にはマネができず、当然のことながらスペンサーと走ってもまったく勝ち目がない。また、見方によっては、お国柄の違いからきているということも考えられる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

クルマやバイクは危険というお母さんがた

たんに高校生のバイクを禁止したり免許年齢を引き上げたりでは、けっして問題の解決し、そのためには鉄子も通ってきている。べつにそこまで年齢を下げる必要はないが、とにかく、小鍛練し、正しいテクニックを覚え込 …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …