スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

投稿日:

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ
ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが自由にどこでも使ってよいというわけではないことを十分に認識してほしい。

アウトに膨らまないため、ライダーはリーンしたマシンよりもっともっと内側に身体を倒し込んでマシンが立つのを防ぎながらコーナーをクリアしていくのがハングオンである。このため、ライダーは極端に身体を内側にずらし、時には腰を完全にマシンの内側に落とし込んでしまうほどだ。この時のフォームを外側からみるとライダーの身体はほとんどみえず、まるでマシンだけが走っているかのようなすごい迫力のシーンとなる。

一般公道ではハングオンを使うようなハイスピードでは走行できないし、ハングオンはあくまで対向車も来ない、信号もない道路に適するものだ。腰を落としたフォームなのでとっさの際に対応することが難しいから、十分に安全性を保てる場所でしか使うことはできない。要は、サーキットで生れサーキットでその真価を発揮するテクニックなので、どうしてもハングオンで走ってみたいのなら、サーキットでの走行会などに参加して実際に走ってみることだ。

ダートトラックレース

ダートトラックレースは、アメリカで人気のあるレース。1周400mほどのトラックは、路面が平らな砂地になっていて、ライダーはコーナーをスライドし、逆ハンを切って回っていく。ちょうどオートレースのようなものだ(オートレーストラックはアスファルト)。従って、リヤがすべっても何ともない。

スペンサーと同じく世界チャンピオンを獲得したK・ロバーツもダートトラックあがりのライダーであり、今やロードレースの入門にはダートがよいとされるほど。日本人にはマネができず、当然のことながらスペンサーと走ってもまったく勝ち目がない。また、見方によっては、お国柄の違いからきているということも考えられる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …