バイク

コーナーでのブレーキコントロール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだから転倒しやすい状態になるので、リーンしている時間は短いほうがよい。ということはコーナーはより速く抜けてマシンの状態をもとの姿勢に戻すことがべストな方法となる。

オートバイは走行している時、前進させるべきものだが、ブレーキはマシンのスピードを殺し、進むことさえも止めてしまうのだから、ブレーキングはまったく不必要な操作だと思わないか。こうして考えてみると、ブレーキングはより遅く、より短く、より強くかけることがよい操作であることがわかると思う。

なるべくブレーキングポイントを遅らせ、ブレーキを強くそして短い間にかけて、アクセルを早く開く状態をつくる。これがタイムを短縮するためのテクニックである。もちろん、コーナーの手前で十分にスピードを落とすことは必要でオーバースピードでコーナーに突っこめばまちがいなく膨らんで転倒する。

ブレーキング性能というのは

ブレーキング性能というのは、マシンの重要なポテンシャルのひとつであり最近は対向ピストン型ツーポットディスクブレーキなどレーサー並みの強力なブレーキングシステムが採用されるようになり偉力を発揮してくれるようになった。しかし、フルブレーキングが使えないと、アクセルも閉じがちになってしまうから、いつまでたってもライバルに遅れをとる結果になってしまうのだ。フルブレーキングの練習は交通量の少ない道でしよう。

一般のほとんどのライダーはブレーキングの甘さが原因だろう。つまり、フルブレーキングを使用できる人は少なくホイールがロックする寸前のブレーキングができないのだ。どうしてもロックした時のことを考えて、特にフロントブレーキの使い方が甘くなってしまう場合が多いようにみられるのは残念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加