スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーでのブレーキコントロール

投稿日:

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだから転倒しやすい状態になるので、リーンしている時間は短いほうがよい。ということはコーナーはより速く抜けてマシンの状態をもとの姿勢に戻すことがべストな方法となる。

オートバイは走行している時、前進させるべきものだが、ブレーキはマシンのスピードを殺し、進むことさえも止めてしまうのだから、ブレーキングはまったく不必要な操作だと思わないか。こうして考えてみると、ブレーキングはより遅く、より短く、より強くかけることがよい操作であることがわかると思う。

なるべくブレーキングポイントを遅らせ、ブレーキを強くそして短い間にかけて、アクセルを早く開く状態をつくる。これがタイムを短縮するためのテクニックである。もちろん、コーナーの手前で十分にスピードを落とすことは必要でオーバースピードでコーナーに突っこめばまちがいなく膨らんで転倒する。

ブレーキング性能というのは

ブレーキング性能というのは、マシンの重要なポテンシャルのひとつであり最近は対向ピストン型ツーポットディスクブレーキなどレーサー並みの強力なブレーキングシステムが採用されるようになり偉力を発揮してくれるようになった。しかし、フルブレーキングが使えないと、アクセルも閉じがちになってしまうから、いつまでたってもライバルに遅れをとる結果になってしまうのだ。フルブレーキングの練習は交通量の少ない道でしよう。

一般のほとんどのライダーはブレーキングの甘さが原因だろう。つまり、フルブレーキングを使用できる人は少なくホイールがロックする寸前のブレーキングができないのだ。どうしてもロックした時のことを考えて、特にフロントブレーキの使い方が甘くなってしまう場合が多いようにみられるのは残念。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …