スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーでのブレーキコントロール

投稿日:

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだから転倒しやすい状態になるので、リーンしている時間は短いほうがよい。ということはコーナーはより速く抜けてマシンの状態をもとの姿勢に戻すことがべストな方法となる。

オートバイは走行している時、前進させるべきものだが、ブレーキはマシンのスピードを殺し、進むことさえも止めてしまうのだから、ブレーキングはまったく不必要な操作だと思わないか。こうして考えてみると、ブレーキングはより遅く、より短く、より強くかけることがよい操作であることがわかると思う。

なるべくブレーキングポイントを遅らせ、ブレーキを強くそして短い間にかけて、アクセルを早く開く状態をつくる。これがタイムを短縮するためのテクニックである。もちろん、コーナーの手前で十分にスピードを落とすことは必要でオーバースピードでコーナーに突っこめばまちがいなく膨らんで転倒する。

ブレーキング性能というのは

ブレーキング性能というのは、マシンの重要なポテンシャルのひとつであり最近は対向ピストン型ツーポットディスクブレーキなどレーサー並みの強力なブレーキングシステムが採用されるようになり偉力を発揮してくれるようになった。しかし、フルブレーキングが使えないと、アクセルも閉じがちになってしまうから、いつまでたってもライバルに遅れをとる結果になってしまうのだ。フルブレーキングの練習は交通量の少ない道でしよう。

一般のほとんどのライダーはブレーキングの甘さが原因だろう。つまり、フルブレーキングを使用できる人は少なくホイールがロックする寸前のブレーキングができないのだ。どうしてもロックした時のことを考えて、特にフロントブレーキの使い方が甘くなってしまう場合が多いようにみられるのは残念。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …