バイク

コーナーをアウトインアウトで曲がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することによりマシンは非常にラクな走行ラインが描かれ、ライダーの心理状態もラクになってくる。

通常、オートバイは道路の外側を走行している。道路の中央や内側を走ることはまずないし、教習所でもそう習うし、道路交通法でもオートバイは外側から1m前後を走ることになっている。しかし、コーナーもアウト側をそのまま走っていたらどうか。コーナーが連続したりスピードが上がってくると、アウト側を長時間走ることは心理的にも難しくなる。

コーナーではマシンは遠心力によって外側へ外側へとおされていくが、内側につくことによって遠心力を遠ざけ、思い通りのラインをとることが可能となるのだ。しかし、アウト・イン・アウトをとるには回りの状況判断が大切で、特にイン側についた時センターラインを絶対にまたがないようにすることはもちろんだが、対向車が飛び込んでくることも予想されるし、後続車がいる場合や前方が混んでいる時もこのラインはとない。

アウト・イン・アウトが崩れる

アウト・イン・アウトが崩れ、コーナーに入ると同時に内側に寄ってしまうライダーがいるが、とても危ない。これは初心者やへタなライダーに多くみられる現象で、ブレーキを早くかけすぎたり、アウトに膨らむのが恐くて早く内側に入ってしまうためである。また、スピードが低い時もこのラインをとる必要性はなく、ハイスピードになるにつれてアウト・イン・アウトの偉力がより発揮されるようになる。これは、レースで必ず使われるテクニックでもある。

コーナーをより速く、スムーズにクリアするにはアウト・イン・アウトが基本ラインになるが、ただ単にこのラインを取ればよいということではない。コーナーには必ずクリッピングポイントをとり、むだのないラインで走行することが望ましい。クリッピングポイントとは、レースなどでライダーが最もコーナーの内側につくポイントをいう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加