スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーをアウトインアウトで曲がる

投稿日:

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することによりマシンは非常にラクな走行ラインが描かれ、ライダーの心理状態もラクになってくる。

通常、オートバイは道路の外側を走行している。道路の中央や内側を走ることはまずないし、教習所でもそう習うし、道路交通法でもオートバイは外側から1m前後を走ることになっている。しかし、コーナーもアウト側をそのまま走っていたらどうか。コーナーが連続したりスピードが上がってくると、アウト側を長時間走ることは心理的にも難しくなる。

コーナーではマシンは遠心力によって外側へ外側へとおされていくが、内側につくことによって遠心力を遠ざけ、思い通りのラインをとることが可能となるのだ。しかし、アウト・イン・アウトをとるには回りの状況判断が大切で、特にイン側についた時センターラインを絶対にまたがないようにすることはもちろんだが、対向車が飛び込んでくることも予想されるし、後続車がいる場合や前方が混んでいる時もこのラインはとない。

アウト・イン・アウトが崩れる

アウト・イン・アウトが崩れ、コーナーに入ると同時に内側に寄ってしまうライダーがいるが、とても危ない。これは初心者やへタなライダーに多くみられる現象で、ブレーキを早くかけすぎたり、アウトに膨らむのが恐くて早く内側に入ってしまうためである。また、スピードが低い時もこのラインをとる必要性はなく、ハイスピードになるにつれてアウト・イン・アウトの偉力がより発揮されるようになる。これは、レースで必ず使われるテクニックでもある。

コーナーをより速く、スムーズにクリアするにはアウト・イン・アウトが基本ラインになるが、ただ単にこのラインを取ればよいということではない。コーナーには必ずクリッピングポイントをとり、むだのないラインで走行することが望ましい。クリッピングポイントとは、レースなどでライダーが最もコーナーの内側につくポイントをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクのセットアップはソロ用にマッチングされている

日本で発売されている多くのバイクはそのほとんどが、2人乗りができるように設計されていて、ダブルシート、タンデムステップ、シートなど必要な装備がされている。しかし、ソロライディングが多いことはいうまでも …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …