スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーをアウトインアウトで曲がる

投稿日:

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することによりマシンは非常にラクな走行ラインが描かれ、ライダーの心理状態もラクになってくる。

通常、オートバイは道路の外側を走行している。道路の中央や内側を走ることはまずないし、教習所でもそう習うし、道路交通法でもオートバイは外側から1m前後を走ることになっている。しかし、コーナーもアウト側をそのまま走っていたらどうか。コーナーが連続したりスピードが上がってくると、アウト側を長時間走ることは心理的にも難しくなる。

コーナーではマシンは遠心力によって外側へ外側へとおされていくが、内側につくことによって遠心力を遠ざけ、思い通りのラインをとることが可能となるのだ。しかし、アウト・イン・アウトをとるには回りの状況判断が大切で、特にイン側についた時センターラインを絶対にまたがないようにすることはもちろんだが、対向車が飛び込んでくることも予想されるし、後続車がいる場合や前方が混んでいる時もこのラインはとない。

アウト・イン・アウトが崩れる

アウト・イン・アウトが崩れ、コーナーに入ると同時に内側に寄ってしまうライダーがいるが、とても危ない。これは初心者やへタなライダーに多くみられる現象で、ブレーキを早くかけすぎたり、アウトに膨らむのが恐くて早く内側に入ってしまうためである。また、スピードが低い時もこのラインをとる必要性はなく、ハイスピードになるにつれてアウト・イン・アウトの偉力がより発揮されるようになる。これは、レースで必ず使われるテクニックでもある。

コーナーをより速く、スムーズにクリアするにはアウト・イン・アウトが基本ラインになるが、ただ単にこのラインを取ればよいということではない。コーナーには必ずクリッピングポイントをとり、むだのないラインで走行することが望ましい。クリッピングポイントとは、レースなどでライダーが最もコーナーの内側につくポイントをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

クラッチレバーの操作について

ブレーキやクラッチレバーを3本指で操作してみよう。この3本指操作が確実にかつ、すばやくできるようになれば、あなたのスポーツテクニックは、また、一段階ステップアップしたといえる。あなたがもし握力不足で3 …