スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

コーナーをアウトインアウトで曲がる

投稿日:

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することによりマシンは非常にラクな走行ラインが描かれ、ライダーの心理状態もラクになってくる。

通常、オートバイは道路の外側を走行している。道路の中央や内側を走ることはまずないし、教習所でもそう習うし、道路交通法でもオートバイは外側から1m前後を走ることになっている。しかし、コーナーもアウト側をそのまま走っていたらどうか。コーナーが連続したりスピードが上がってくると、アウト側を長時間走ることは心理的にも難しくなる。

コーナーではマシンは遠心力によって外側へ外側へとおされていくが、内側につくことによって遠心力を遠ざけ、思い通りのラインをとることが可能となるのだ。しかし、アウト・イン・アウトをとるには回りの状況判断が大切で、特にイン側についた時センターラインを絶対にまたがないようにすることはもちろんだが、対向車が飛び込んでくることも予想されるし、後続車がいる場合や前方が混んでいる時もこのラインはとない。

アウト・イン・アウトが崩れる

アウト・イン・アウトが崩れ、コーナーに入ると同時に内側に寄ってしまうライダーがいるが、とても危ない。これは初心者やへタなライダーに多くみられる現象で、ブレーキを早くかけすぎたり、アウトに膨らむのが恐くて早く内側に入ってしまうためである。また、スピードが低い時もこのラインをとる必要性はなく、ハイスピードになるにつれてアウト・イン・アウトの偉力がより発揮されるようになる。これは、レースで必ず使われるテクニックでもある。

コーナーをより速く、スムーズにクリアするにはアウト・イン・アウトが基本ラインになるが、ただ単にこのラインを取ればよいということではない。コーナーには必ずクリッピングポイントをとり、むだのないラインで走行することが望ましい。クリッピングポイントとは、レースなどでライダーが最もコーナーの内側につくポイントをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …