スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

規約型企業年金制度について

投稿日:2015年5月23日 更新日:

規約型企業年金は、信託会社、生命保険会社または農業協同組合連合会との間の信託、生命保険または生命共済といった契約の仕組みを活用して、年金資産を企業の外に積み立てるという点で、従来の適格退職年金の仕組みと似ているところがある。事業主は、規約に基づき拠出する掛金を、資産管理運用機関に納付し(確定給付企業年金法第56条第1項)、納付された掛金は、資産管理運用機関にプールされ、資産管理運用契約に基づいて運用される。

相違しているのは、従来の適格退職年金が、事業主と信託会社等との間の契約(適格退職年金契約)が承認されていたのに対し、規約型企業年金では、事業主が従業員の同意を得て作成した規約が承認されるところである。給付を支給するときは、事業主が、その給付を受ける権利を有する者(受給権者)の申請に基づいて給付を受ける権利(受給権)を裁定し(確定給付企業年金法第30条第1項)、その内容を資産管理運用機関に通知する(確定給付企業年金法第30条第2項)。そして、資産管理運用機関が、受給権者に、あらかじめ規約で約した給付を支給する(確定給付企業年金法第30条第3項)。

労使の自主性が尊重される企業年金において

労使の自主性が尊重される企業年金において、きちんとした制度運営が続いていくために必要なことは、労使双方が、制度の内容をよく知り、自らの企業年金の現状と見通しを正しく把握し、必要なときには意見を述べあうことであろう。こうした仕組みであることによって、自らの企業年金に対する従業員の関心が高まれば、情報開示や受託者責任といった受給権保護のための規定も、より生きることとなるだろう。労使の規約を中心とすることにより、労使がともに主体的に参加することが制度的に位置づけられたといえるのではないだろうか。

また、基金型企業年金というものもあるが、これは、事業主が従業員の同意を得て確定給付企業年金に係る規約を作成し、企業年金基金の設立について、厚生労働大臣の認可を受けることにより開始されるのもである。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

退職給付規約型などの年金の規約

厚生労働大臣は、規約の承認または企業年金基金の設立の認可を行ったときは、速やかに、その旨をその申請をした事業主に通知することとなっており(確定給付企業年金法第5条第2項、確定給付企業年金法第12条第2 …

no image

脱退一時金の繰下げ規定など

脱退一時金の繰下げの規定は、加入者期間に係る期間通算の規定と対となって、出向等の際における企業の実態に応じた柔軟な対応を可能とするものとなっているといえるだろう。脱退一時金の支給を繰り下げている者が、 …

no image

企業組織を柔軟に変更できるような法律改正が進むなか

企業組織を柔軟に変更できるような法律改正が進むなかで、企業年金の側でもそうした動きに柔軟に対応していく必要があるのは当然である。国際競争が激化するなかで、企業が経営資源を効率的に配分したり意思決定を迅 …

no image

CB型のメリットは

CB型のメリットは、確定拠出年金とは異なり、60歳に達する前に退職した場合でも、退職時点で一時金給付を受けることができる点である(もっともこれはCB型に限った話ではなく、給付建ての企業年金全般に言える …