スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

規約型企業年金制度について

投稿日:2015年5月23日 更新日:

規約型企業年金は、信託会社、生命保険会社または農業協同組合連合会との間の信託、生命保険または生命共済といった契約の仕組みを活用して、年金資産を企業の外に積み立てるという点で、従来の適格退職年金の仕組みと似ているところがある。事業主は、規約に基づき拠出する掛金を、資産管理運用機関に納付し(確定給付企業年金法第56条第1項)、納付された掛金は、資産管理運用機関にプールされ、資産管理運用契約に基づいて運用される。

相違しているのは、従来の適格退職年金が、事業主と信託会社等との間の契約(適格退職年金契約)が承認されていたのに対し、規約型企業年金では、事業主が従業員の同意を得て作成した規約が承認されるところである。給付を支給するときは、事業主が、その給付を受ける権利を有する者(受給権者)の申請に基づいて給付を受ける権利(受給権)を裁定し(確定給付企業年金法第30条第1項)、その内容を資産管理運用機関に通知する(確定給付企業年金法第30条第2項)。そして、資産管理運用機関が、受給権者に、あらかじめ規約で約した給付を支給する(確定給付企業年金法第30条第3項)。

労使の自主性が尊重される企業年金において

労使の自主性が尊重される企業年金において、きちんとした制度運営が続いていくために必要なことは、労使双方が、制度の内容をよく知り、自らの企業年金の現状と見通しを正しく把握し、必要なときには意見を述べあうことであろう。こうした仕組みであることによって、自らの企業年金に対する従業員の関心が高まれば、情報開示や受託者責任といった受給権保護のための規定も、より生きることとなるだろう。労使の規約を中心とすることにより、労使がともに主体的に参加することが制度的に位置づけられたといえるのではないだろうか。

また、基金型企業年金というものもあるが、これは、事業主が従業員の同意を得て確定給付企業年金に係る規約を作成し、企業年金基金の設立について、厚生労働大臣の認可を受けることにより開始されるのもである。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

企業年金基金の積立金の運用

企業年金基金の積立金の運用は、基本的には、信託、生命保険、生命共済の契約、投資一任契約(この場合、信託会社と運用方法を特定する信託の契約の締結が必要)により行うこととされているが(確定給付企業年金法第 …

no image

確定給付企業年金法について

・企業年金法は当初は、企業年金基本法として構想 企業年金法は当初は「企業年金基本法」として構想されていた。1998(平成10)年3月31日の「規制緩和推進3カ年計画」(閣議決定)も同趣旨の内容となって …

no image

公的年金制度の再構築

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難し …

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …

no image

負担を逃れられない税として負わなければならないもの

1999年度の基礎年金給付額は約14兆円であり、この給付額は、保険料を支払っている被保険者たちが免除制度の適用を受けようが受けないでいようが、変わるものではない。被保険者たちは、約14兆円の基礎年金給 …