スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

規約の変更が行われた場合

投稿日:2015年5月24日 更新日:

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更と同様に理由や手続きについての要件が課されている(令第7条、規則第12条規則第13条)。

規約の変更が行われた場合には(それが認可に係る事項であれば厚生労働大臣から企業年金基金に通知が行われ)、企業年金基金は、実施事業所に使用される被用者年金被保険者等に規約を周知させるのが基本である(確定給付企業年金法第16条第3項、確定給付企業年金法第17条第2項)。

規約の軽微な変更は届け出でよいし(認可を受ける必要はない。確定給付企業年金法第16条第1項、確定給付企業年金法第17条第1項、規則第15条)、軽微な変更のなかでも基金資産運用契約(基金の資産運用に係る契約)に関する事項の変更などは届け出の必要もない(確定給付企業年金法第17条第1項、規則第18条)。

すべて加入者とするものである場合

確定給付企業年金が、その実施事業所の被用者年金被保険者等をすべて加入者とするものである場合、加入者は、確定給付企業年金の実施事業所に使用されるに至ったとき、その使用される事業所が実施事業所となったとき、または、実施事業所に使用される者が被用者年金被保険者等となったときに加入者資格を取得する(確定給付企業年金法第26条第1号から第3号まで)。

ある厚生年金適用事業所が確定給付企業年金を実施する場合、その実施事業所の被用者年金被保険者等はすべて加入者となるのが基本であるが、規約において、一定の加入者資格を定めることもできる(確定給付企業年金法第25条)。死亡したとき、実施事業所に使用されなくなったとき、その使用される事業所が実施事業所でなくなったとき、または、被用者年金被保険者等でなくなったときに加入者資格を喪失する(確定給付企業年金法第27条第1号から第4号まで)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

企業年金加入者及び受給者の受給権保護を図る観点

支払保証制度に関して、国会審議において確定給付企業年金法附則第6条の検討規定の対象に含まれていることが確認されたほか、衆参両院の厚生労働委員会の附帯決議においても、政府において適切な措置を講じるべき第 …

no image

障害給付金とは?

障害給付金は、ある傷病について初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において加入者であった者であって、初診日から1年6月を経過した日(1年6月を経過する前に傷病が治ったり症状が固定したりし …

no image

脱退一時金(企業年金)の種類など

脱退一時金には大きく分けて2つの種類がある。1つは、老齢給付金の支給開始年齢以外の支給要件を満たしている者(支給開始年齢に到達したら老齢給付金を受給することができる者)に「支給することができる」脱退一 …

no image

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。 「 …

no image

確定給付企業年金の運営は規約に基づいて行われる

確定給付企業年金の管理や運営は、法令の規定および法令の規定に基づき定めた規約に基づいて行われる。各確定給付企業年金の内容は、骨格はおおむね同じであるにしても、給付設計などの詳細は様々である。各確定給付 …