スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

規約の変更が行われた場合

投稿日:2015年5月24日 更新日:

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更と同様に理由や手続きについての要件が課されている(令第7条、規則第12条規則第13条)。

規約の変更が行われた場合には(それが認可に係る事項であれば厚生労働大臣から企業年金基金に通知が行われ)、企業年金基金は、実施事業所に使用される被用者年金被保険者等に規約を周知させるのが基本である(確定給付企業年金法第16条第3項、確定給付企業年金法第17条第2項)。

規約の軽微な変更は届け出でよいし(認可を受ける必要はない。確定給付企業年金法第16条第1項、確定給付企業年金法第17条第1項、規則第15条)、軽微な変更のなかでも基金資産運用契約(基金の資産運用に係る契約)に関する事項の変更などは届け出の必要もない(確定給付企業年金法第17条第1項、規則第18条)。

すべて加入者とするものである場合

確定給付企業年金が、その実施事業所の被用者年金被保険者等をすべて加入者とするものである場合、加入者は、確定給付企業年金の実施事業所に使用されるに至ったとき、その使用される事業所が実施事業所となったとき、または、実施事業所に使用される者が被用者年金被保険者等となったときに加入者資格を取得する(確定給付企業年金法第26条第1号から第3号まで)。

ある厚生年金適用事業所が確定給付企業年金を実施する場合、その実施事業所の被用者年金被保険者等はすべて加入者となるのが基本であるが、規約において、一定の加入者資格を定めることもできる(確定給付企業年金法第25条)。死亡したとき、実施事業所に使用されなくなったとき、その使用される事業所が実施事業所でなくなったとき、または、被用者年金被保険者等でなくなったときに加入者資格を喪失する(確定給付企業年金法第27条第1号から第4号まで)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

関係5省庁案で国民の老後の備えに対する支援措置を整備

関係5省庁案では、国民の老後の備えに対する支援措置を整備していく必要があるため、確定拠出型の年金制度の創設に加えて確定給付型の企業年金についても必要な制度整備を行うとしている。公的年金改革関連法案が2 …

no image

遺族給付金とは?

遺族給付金は、給付対象者、具体的には、加入者、老齢給付金、障害給付金、脱退一時金の受給権者、脱退者のうち老齢給付金の支給開始要件を満たせば老齢給付金の受給権を有することとなる者(いわゆる受給待期脱退者 …

no image

企業年金の給付建てのポイント制の給付設計への変更など

日本経済の構造改革を進めるためには人的資源を再配分する必要があり、このため労働市場の流動化を進めることが必要との主張もある。日本経済の構造変化に対応して、一部の企業では退職金の前払い制や成果主義の賃金 …

no image

確定拠出年金法の成立と施行

・確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行 確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行により、今後の企業年金の体系は、厚生年金保険法の第9章に基づく「厚生年金基金」、確定給付企業年金法の第1 …

no image

株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について

別法人でない場合には、制度終了時の掛金債権の管理や将来的な課題となっている株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について、株主として年金基金が議決権を行使すること)などの場面で問題が残るほか、 …