スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子供の気力や意欲を失わせないために

投稿日:

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子どもは「どうせ何を言っても親はわかってくれない」と思い、ますます反発心を募らせるか、気力や意欲を失っていくかのどちらかです。

大切なのは、正しい、間違っていないを世間体や学校の評価などで判断しないこと。「こんなことをしたらダメな親と言われる」「世間体が悪い」「学校や先生からの評価に響いて成績に影響する」、こうしたことを基準に「それはいい」「それはいけない」と決めてしまえば、子どもにとって親は最大の敵になってしまいます。

味方をするというのは、髪を金髪に染めようが、親に反抗的な態度を取ろうが、学校や塾をさほろうが、あなたがそうしなければ生きていられないと思ってやっているんだから「あなたは間違っていない」と、正論は脇に置いておいて、徹底して子どもに味方をしてやるということです。

正論よりグレーゾーンを大切に

正論で正していくことも、子育てにおいては必要です。いけないことはいと教えず、何でも「いいよ、いいよ」で放任に育ててしまうのは単なる甘やかしか過ぎず、これでは子どもの中にひとりの人間として生きていく力も社会性も育ちません。しかし、だからといってしかめっ面で正論で育てていけばしっかり育つかといえば、それもまた違うのです。

正論は大切ですが、ゼロか一か、黒か白かであまりにきちっとやり過ぎる正論主義は、「〜ねばならない」「〜であるべきだ」になってしまい、管理とコントロールの子育てとなって子どもはつらさと息苦しさしか感じないものです。

「塾に行きたくない理由があったんだね。自分で考えてのことだろうからあなたのしたことは間違ってないよ」「金髪にしたのも自分の存在感を守るためだろうから、正しいと思うことをしなさい。お母さんも応援するよ」このように言ってあげることが、この時期の子どもたちを甘えさせてあげることです。でも子育てはゼロか一か、黒か白かの二者択一でやっていくものではありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育ては楽しいことと感じていますか?

誰かに甘えることができるように、人の喜ぶことをして、人の役に立つことから始めましょう。それによって人から好かれていき、好意や愛情というかたちとなって結果があなたのところに還ってきます。それがあなたの心 …

no image

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、 …

no image

子どもの思いを無視され十分に甘えられることなく育った場合

子どもの思いを無視し、十分に甘えられることなく育ち、心が満ち足りている状態を経験してこなかった子は、言葉には出さなくても「愛してもらってこなかった」という愛情飢餓感や親への恨みつらみを抱えていきやすく …

no image

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪 …

no image

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは …