スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

近代思想の発端は西洋ではわれ考う(われ意識す)ゆえにわれ有り」

投稿日:

近代思想の発端は西洋ではデカルトが「われ考う(われ意識す)。ゆえにわれ有り」といったこの自覚にあるとしばしば主張されている。近代思想における人間そのものを尊重する態度が、やがて哲学的には自我の問題を自覚させることとなったのであろう。

自我の本質がいかなるものであるか、ということを考察して自我を把捉するにあたって、二つの見解が成立する。第一の見解は、〈自我〉とは一つの実体であると解するものであり、第二の見解は、〈自我〉とは、諸心理作用の総括にほかならないと解するものである。第一の見解の、西洋における代表者はデカルトである。かれは、その存在を疑っても疑い得ないところの自我の存在から出発して、考察を展開したが、かれの自我は精神的な実体であった。

自我は否定することのできないものであるという論証は、デカルトのものとして有名である。『私は、それまでに私の精神に入りきたったすべてのものは、私の夢の幻想と同様に、真ならぬものである、と仮想しようと決心した。

必然的に何ものかでなければならぬ

しかしながら、そうするとただちに、私は気づいた、私がこのように、すべては偽である、と考えている間も、そう考えている私は、必然的に何ものかでなければならぬ、と。

『われわれが疑っている間われわれは存在しているということは、疑うことができない』これが、順序正しく哲学するときにわれわれの認識する最初のものである。われわれはただ自我が存在するということだけを知っている。

「私は考える、ゆえに私はある」Jepensedoncesuisというこの真理は、懐疑論者のどのような法外な想定によってもゆり動かしえぬほど、堅固な確実なものであることを、私は認めたから、私はこの真理を、私の求めていた哲学の第一原理として、もはや安心して受け入れることができる、と判断しかれは右の思索の結果を一つの原則のかたちで表明しているようである。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

伝統的保守的仏教における個人存在に関する見解

感受作用(vedana受)、表象作用(sanima想)、形成作用(sanskara行)、識別作用(vimana識) 物質的なかたち(rapa色)、これらの五種類の構成要素(五確)はつねに変遷しているが …

no image

実体の観念は成立したがそれを最高我と呼ぶことは成立しなかった

インド哲学の主要傾向は汎神論的であると、しばしば主張されている。たとえばウパニシャッドの哲人シャーンディによると絶対者ブラフマンは『思惟の真実なる者』『意図の真実なる者』であり、自己の思惟・意欲がその …

no image

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでは

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでーは、個の問題を解決しない。わが子が亡くなったのを嘆いて、恐山の地蔵尊に詣でている農婦の悩みは、絶対精神の理論や史的唯物論を百万遍説いて聞かせても、解決され得ない …

no image

虚空などの物は正しい認識方法とは無関係に成立している

実に虚空などの物は、正しい認識方法(によって知られること)とは無関係に、それ自身によってすでに成立しているものであるとは、何人も考えない。しかるに、アートマンは正しい認識などの活動の基体たるものである …

no image

自己の探求は古代のギリシア哲学においても重要なテーマ

自己の探求は、古代のギリシア哲学においても重要なテーマであった。へーラクレイトスは「わたしはわたし自身を探求し」と言った。テネースは、哲学の目的は「自分自身とまじわる能力」だと考えていた。 〈自己〉と …