ニキビ

黄ニキビや赤ニキビなどについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄ニキビは赤ニキビよりさらに症状が悪化しているので、皮フを組織する細胞の細胞壁を損傷させて、デコボコのニキビ跡をっくってしまう危険性がいっそう高くなります。黄ニキビ赤ニキビの炎症がひどくなって濃が出て大きく腫れている状態を、赤ニキビと分けて「黄ニキビ」ということもあります。

黄ニキビはクネ程菌などの細菌が起こす炎症が皮フの真皮層にまで深く進行し重症化している状態です。赤ニキビを爪や指でつぶすとさらに炎症がひどくなったりニキビ跡が醜くなることもあるので、なるべく早く治療することをお勧めします。

白ニキビや黒ニキビの段階で治ると皮フへのダメージはさほど残らないのですが、赤ニキビまで悪化すると、毛穴のなかの皮フを組織する細胞の細胞壁を損傷させて「あばた面」「夏みかん」「月面クレーター」など、あまり嫡しくない名前で呼ばれるデコボコのニキビ跡をつくってしまう危険性が高くなります。

毛穴の部分が赤く膨らみます

細菌が毛穴の内部で炎症をひき起こして、毛穴の部分が赤く膨らみます。このとき痛みを感じるようでしたら、皮フの深い部分まで炎症が広がっていると考えられます。アクネ根菌などの細菌は脂質を好むので、皮脂などの汚れが詰まった毛穴のなかで盛んに増殖していきます。

ニキビ跡ニキビは二つの悩みや苦しみをもたらします。一つはできているときの悩みや苦しみで、もう一つは過去にできたニキビがニキビ跡として残ってしまうことによる悩みや苦しみです。白ニキビや黒ニキビの段階で、いち早く治療し、治癒させることが望ましいのですが、ニキビで悩んでいる人の大半が、炎症や痛みをともなう赤ニキビや、それが化濃して重症化してしまって黄ニキビにまで症状が進行してから治療するケースがほとんどです。

また、デコボコが残らない場合でも、皮フが薄くケロイドのようになってしまうこともあります。こうした症状になる前に治療するのが望ましいのですが、黄ニキビになってしまったらなるべく早く治療を受けることを考えたほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加