スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

きめの細かい肌になるには?

投稿日:2019年9月28日 更新日:

耳の付け根の後ろのくぼみに親指、こめかみに残りの指をあてて外側に引っ張る。このとき規則正しい横ジワが入ればはりがあり、縦横に不自然なシワが寄れば、はりがなくなっている証拠。耳の付け根の後ろのくぼみに親指をあて、両手のひらを頼に密着させ、そしてゆっくりと離す。このとき手に皮膚がついてくる感覚があれば、うるおいがあるサイン。すぐに離れたら、うるおい不定。両手の指の腹で鼻から額にかけてのTゾーンを押さえたら、指をチェック。ほどよく皮脂がついていれば、なめらかさがある証拠。

なめらかな肌とは、水分と脂分のバランスがとれたキメの細かい肌。水分をしっかり含んてプルプルしているのがうるおいのある肌。口角の上を指先でつまんだとき、左右どちらの皮膚が厚くつまめるかをチェック。皮膚が薄くて痛みを感じないのは、弾力が落ちているサイン。真皮の立て直しを。水分、脂分、栄養分て満たされ、弾むような若さがあるのがはりのある肌。

弾力のある肌とは

弾力のある肌とは、指で押したときに戻す力を感じる肌で、目元、口元、輪郭がキユッと上がっている。指をそろえて、目頭から目尻へ5、6回、指の腹でプッシュしたとき、頬がピンクに色つき温もりを感じれば、血色がよい証拠。透明感があり、ほんのりバラ色をしている。これが血色のいい肌の状態。覚えてほしいのが、皮脂はとればとるほど出てくるということ。つまり、脂がなくなったと体のセンサーが反応して、よけいに分泌してしまうのです。顔がテカる、メイクがくずれやすいという人は、皮脂とつまくつきあえていないのかもしれません。

とくにニキビや毛穴に悩んでいる人は、脂浮きにも悩まされていることが多いのです。水と脂のバランスが整えば、顔は自然にしっとりとしてきます。皮脂を抑えたいなら、とにかく保湿です。くれぐれも、脂とり紙でゴシゴシと顔をこするのはやめましょう。水分まで奪ってしまい、ニキビや毛穴をよけいに目立たせることになります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

化粧水は肌に合わせてタイプを選んで使おう

ひと口に化粧水といっても、さっばりタイプ、しっとりタイプなど、さまざまなものがあります。ニキビ肌のために化粧水を選ぶコツは、収れんタイプの肌を引き締めてくれる、使用感がさっばりしたものをセレクトするこ …

no image

毛穴ケアでおすすめの方法を紹介

大切なのは、必要に応じた開閉力。毛穴は、閉じたままでも開きっばなしでも困ります。それを左右するのが皮膚の土台となる筋肉です。適度に温めると、筋肉はゆるんで毛穴は開き、冷やすと筋肉が縮んで毛穴は開じる。 …

no image

ニキビは放っておくとどんどん悪化する

実はニキビはほうっておくと、どんどん悪化するもの。その症状は、次の5つに大きく分けられます。まず痛みかゆみがなく、肌がプッシとふくらんだ面抱と呼ばれる初期段階。これは毛穴が閉じた白ニキビと、毛穴が開い …

no image

皮脂の分泌は男性ホルモンから

現在、医師たちの間では、ニキビの原因として次のような項目があげられています。 ・細菌の繁殖 ・生活習慣 ・生活環境 ・ストレスホルモンバランスの乱れ ・皮フの機能低下 これらは互いに関連しており、どれ …

no image

あなたの肌トラブルの原因を知ろう

毛穴を詰まらせてニキビをつくるのは皮脂と汚れだけではありません。ファンデーションなどの化粧品の選び方と使用法を間違えると油分が毛穴を塞いで、やがてニキビへと姿を変えます。これを怨者のコスメ(ティック) …