スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

きめの細かい肌になるには?

投稿日:2019年9月28日 更新日:

耳の付け根の後ろのくぼみに親指、こめかみに残りの指をあてて外側に引っ張る。このとき規則正しい横ジワが入ればはりがあり、縦横に不自然なシワが寄れば、はりがなくなっている証拠。耳の付け根の後ろのくぼみに親指をあて、両手のひらを頼に密着させ、そしてゆっくりと離す。このとき手に皮膚がついてくる感覚があれば、うるおいがあるサイン。すぐに離れたら、うるおい不定。両手の指の腹で鼻から額にかけてのTゾーンを押さえたら、指をチェック。ほどよく皮脂がついていれば、なめらかさがある証拠。

なめらかな肌とは、水分と脂分のバランスがとれたキメの細かい肌。水分をしっかり含んてプルプルしているのがうるおいのある肌。口角の上を指先でつまんだとき、左右どちらの皮膚が厚くつまめるかをチェック。皮膚が薄くて痛みを感じないのは、弾力が落ちているサイン。真皮の立て直しを。水分、脂分、栄養分て満たされ、弾むような若さがあるのがはりのある肌。

弾力のある肌とは

弾力のある肌とは、指で押したときに戻す力を感じる肌で、目元、口元、輪郭がキユッと上がっている。指をそろえて、目頭から目尻へ5、6回、指の腹でプッシュしたとき、頬がピンクに色つき温もりを感じれば、血色がよい証拠。透明感があり、ほんのりバラ色をしている。これが血色のいい肌の状態。覚えてほしいのが、皮脂はとればとるほど出てくるということ。つまり、脂がなくなったと体のセンサーが反応して、よけいに分泌してしまうのです。顔がテカる、メイクがくずれやすいという人は、皮脂とつまくつきあえていないのかもしれません。

とくにニキビや毛穴に悩んでいる人は、脂浮きにも悩まされていることが多いのです。水と脂のバランスが整えば、顔は自然にしっとりとしてきます。皮脂を抑えたいなら、とにかく保湿です。くれぐれも、脂とり紙でゴシゴシと顔をこするのはやめましょう。水分まで奪ってしまい、ニキビや毛穴をよけいに目立たせることになります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

こすらずクレンジングするのが美肌へのコツ

・汚れはこすらず浮かせるのがコツ ジェルやオイルタイプのクレンジング剤で、力まかせにゴシゴシ汚れをこすり落とす。ニキビ・毛穴肌の人によく見られるクレンジング法です。これでは逆に汚れを顔にすり込んでいる …

no image

PRPとPPPのしわやたるみを改善する効果

・しわやたるみを改善する大注目の治療法 プラズマフィラーを皮下に注入することにより、顔の輪郭形成やほうれい線などの深いしわの改善、頼のくぼみのボリュームアップが可能です。PPPに含まれる多くの栄養素が …

no image

毛穴開きの改善方法など

ニキビ治療を行うなかで、レーザーや光治療が毛穴の汚れを取り除き、開いた毛穴を引き締めて美しく肌理が細かな肌にするのに有効であることがわかってきました。現在では、ニキビ治療だけではなく、美容目的のために …

no image

気功でニキビ対策をする

5000年の歴史をもつ中国の気功のエネルギーを取り入れた不思議な美容法顔面気功によるニキビ対策を紹介しましょう。皮膚や神経に軽く刺激を与えることで、細胞が興奮して活動が活発になり、目元の表情が豊かにな …

no image

しみレーザー治療の仕組み

しみを治療するレーザー光は、肌内部のメラニンに吸収されて熱エネルギーに変わります。その結果、しみの部分だけがごく浅いやけどを起こし、その後に薄いかさぶたとなってはがれ落ちるのです。ほくろやしみ取りに用 …