スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

企業年金基金の設立についての厚生労働大臣の認可など

投稿日:2015年5月24日 更新日:

規約型企業年金を実施しようとするときは、当該規約について厚生労働大臣の承認を受け、基金型企業年金を実施しようとするときは、企業年金基金の設立について厚生労働大臣の認可を受けなければならない(確定給付企業年金法第3条第1項)。

労使合意で規約作成厚生年金適用事業所の事業主は、確定給付企業年金を実施しようとするときは、確定給付企業年金を実施しようとする、厚生年金適用事業所に使用される、被用者年金被保険者等の過半数で組織する、労働組合があるときは当該労働組合、そのような労働組合がないときは当該被用者年金被保険者等の過半数を代表する者の同意を得て、確定給付企業年金に係る規約を作成する。

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金保険に加入している事業所と、私立学校教職員共済組合に加入している事業所(こうした事業所も、厚生年金保険法上は厚生年金適用事業所)であり、公務員や自営業者等は対象となっていない。

確定給付企業年金法では

確定給付企業年金法では、1つの厚生年金適用事業所について実施できる確定給付企業年金は、原則として1つとされている(確定給付企業年金法第3条第2項)。そして、政令において、2つ以上実施することができる場合などが例外的に定められている。たとえば、複数の厚生年金適用事業所について共同して実施される確定給付企業年金に参加しつつ、単独で独自の確定給付企業年金を実施する場合のように、実施事業所の範囲が異なる場合には2つの確定給付企業年金を実施することができる(令第1条第1項)。

2以上の厚生年金適用事業所について確定給付企業年金を実施しようとする場合には、労働組合等の同意は、各厚生年金適用事業所について得なければならない(確定給付企業年金法第3条第3項)。被用者年金被保険者等の過半数で組織する労働組合がないときの「過半数を代表する者」とは、過半数代表者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続きにより選出された者(監督または管理の地位にある者を除く)である(規則第3条第1項、第2項)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

確定給付企業年金の計算について

確定給付企業年金法では、給付の額の算定方法として、給付建ての企業年金にふさわしいと考えられるものを規定するという対応がなされている。具体的には、給付の額は、加入者期間または当該加入者期間における給与の …

no image

障害給付金とは?

障害給付金は、ある傷病について初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において加入者であった者であって、初診日から1年6月を経過した日(1年6月を経過する前に傷病が治ったり症状が固定したりし …

no image

適格退職年金や確定拠出年金などについて

適格退職年金や確定拠出年金において、年金は、(終身は別として)5年以上にわたり支給するものとなっている。各給付の支給要件(どのような状態になったときに支給するかとか、その際どのような条件を満たしている …

no image

公的年金を給付建ての企業年金や個人年金が補完する構造

わが国の年金制度は、全国民共通の基礎年金を土台として、そのうえに被用者(サラリーマン)に対する報酬比例年金が上乗せされ、さらにこれら公的年金を給付建てまたは拠出建ての企業年金や個人年金が補完する構造と …

no image

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来してい …