スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

企業年金加入者及び受給者の受給権保護を図る観点

投稿日:2015年5月23日 更新日:

支払保証制度に関して、国会審議において確定給付企業年金法附則第6条の検討規定の対象に含まれていることが確認されたほか、衆参両院の厚生労働委員会の附帯決議においても、政府において適切な措置を講じるべき第1番目の課題としてい「企業年金の加入者及び受給者の受給権保護を図る観点」から引き続き検討を加えること」とされている。

国会審議で主な論点となったのは、次の事項である。

・厚生年金基金制度(代行制度)の意義
・厚生年金基金の代行返上時のルール(物納のルール)と厚生年金本体との中立性
・企業年金の性格(賃金の後払いか)
・給付の引下げ等不利益変更の是非とそのルール・積立義務の確保と国のチェック
・指導体制・受託者責任の確保・加入者、受給者への情報開示・年金税制のあり方(生命保険料控除、特別法人税、公的年金等控除等)
・適格退職年金の廃止と他制度への円滑な移行
・制度終了時の受給権保護と支払保証制度の必要性

これらのうち、最大の論点となったのは支払保証制度である。

平成13年度税制改正

平成13年度税制改正(閣議決定)2001(平成13)年1月16日、企業年金の税制改革を含む平成13年度税制改正が閣議決定された。このなかで、企業年金法に関しては、以下のとおり決定された。確定給付企業年金法の閣議決定と国会審議以上の経緯を経て、2001(平成13)年2月20日、確定給付企業年金法が閣議決定され、国会に提出された。一部修正の要旨は、「確定給付企業年金を実施する事業主等および厚生年金基金は、加入者等に対し行う業務の概況についての情報提供を、受給者に対しても同様に行うよう努める旨の規定を追加する」ものである。

参議院では、5月29日から厚生労働委員会で審議が開始され、3回の審議を経て、6月7日、同委員会で可決され、6月8日、参議院本会議で可決、成立した。法案は、同年4月3日、衆議院本会議で趣旨説明の後、厚生労働委員会に付託された。衆議院厚生労働委員会では、4月6日から審議が開始され、5月23日の参考人質疑を含め4回の審議を経て、5月25日、一部修正のうえ可決された。なお、法案の採決にあたり、衆参両院の厚生労働委員会で附帯決議がされている。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

厚生年金基金などの基金は法人格を有す

厚生年金基金との類似企業年金基金は、法人格を有し自らがあたかも1つの保険者であること、代議員会を中心とした運営を行うことなど、基本的な仕組みについては、厚生年金基金と同じである。企業年金基金は、加入者 …

no image

脱退一時金(企業年金)の種類など

脱退一時金には大きく分けて2つの種類がある。1つは、老齢給付金の支給開始年齢以外の支給要件を満たしている者(支給開始年齢に到達したら老齢給付金を受給することができる者)に「支給することができる」脱退一 …

no image

適格退職年金や確定拠出年金などについて

適格退職年金や確定拠出年金において、年金は、(終身は別として)5年以上にわたり支給するものとなっている。各給付の支給要件(どのような状態になったときに支給するかとか、その際どのような条件を満たしている …

no image

現下の経済財政状況のもとでは

他の場では、「消費税率を上げて社会保障だ」と言う者に、「俺に退陣しろということか」とまで口にしている。首相が、そう言ってしまったかぎり、厚労省が年金の財源として消費税のことを議論することは、厚労省が首 …

no image

CB型のメリットは

CB型のメリットは、確定拠出年金とは異なり、60歳に達する前に退職した場合でも、退職時点で一時金給付を受けることができる点である(もっともこれはCB型に限った話ではなく、給付建ての企業年金全般に言える …