情報商材

起亜自動車の看板級大型セダンK9が発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起亜自動車の看板級大型セダンK9が発売された。起亜自動車はこの日午前、ソウル龍山区漢南洞グランドハイアットホテルでK9をマスコミに公開して本格的に販売を発表した。当初、ドイツプレミアムセダンを狙って開発したという起亜自動車の説明に従ってK9は、カラフルな内·外観と多様な先端仕様を備えて目を引いた。サイズは、長さ5090mm、幅1900mm、高さ1490mmでBMW 7シリーズ(5072mm×1902mm×1479mm)やベンツSクラス(5095mm×1870mm×1840mm)と比較して若干大きいか同じようなレベルである。

ホイールベース(ホイールベース)も超大型級3045mmでベンツsクラスよりも余裕である。2008年のプロジェクト名「KH」で研究開発を開始したK9は、4年5ヶ月間の合計5200億ウォンをかけて完成された。車名K9で数9は、最上位ラインナップを意味して起亜自動車のフラッグシップモデルでK5、K7に続くKシリーズの完成を意味する。

K9の外観は全体的に立体的なボリューム

K9の外観は全体的に立体的なボリュームと簡潔な線の調和に強靭でありながらダイナミックな姿である。当初予告したように、ドイツのプレミアムブランドを狙った跡があちこちで垣間見た。前面部起亜自動車のファミリールックラジエーターグリルとLEDフォグランプ、アダプティブフルLEDヘッドレムドゥを適用した。

比較的フードが長くトランクが短くダイナミックな感じを強調した。K9は後輪駆動でありながら、エンジンとステアリングシステムは、前方に配置して安定した重量配分を通じた操縦安定性と乗り心地を確保した。シリンダーに高圧の燃料を直接噴射する3.3リットルと3.8リットルGDiガソリンエンジンを搭載し、V6 3.3エンジンは、最高出力300馬力、最大トルク35.5kg.m、燃費9.6km /ℓを実装した。3.8エンジンは、最高出力334馬力、最大出力40.3kg.m、燃費9.3km /ℓである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加