スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

投稿日:

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラとソトゾラはだいぶ違うことが想像される。

人は皆、自分と同じ性格を持った者を嫌うものだ。出世欲眠盛の人間は出世バカを嫌うし、世話好きはおせっかいを嫌う。つまり、自分の鏡を見るような相手を敬遠し、嫌悪するのだ。おそらく、その背景には、潜在的な自己嫌悪が働いているのだろう。というわけで、男は、女に対しては自分の実体、欠点をあまり隠さないほうがいい。

女性とは、自分の本性、実体を「隠す動物」であるらしい。そして、だからこそ、女性は、自分の実体や欠点を隠す男に反感を抱くー。矛層したロジックに思えるかもしれないが、そうではない。

自分の欠点を平気で口にすることは

「自分の欠点を平気で口にする」ことは、じつは「自信の表明」にほかならないわけだ。「いやあ、朝がほんとうに弱くってさ。目覚まし時計を三つくらい使わないと起きられないんだ」。最初は、そのくらいのアッサリしたものがいいだろう。関係が親密でないうちは、重要な欠点に言い及ぶと、深刻になりすぎるきらいがある。

むしろ積極的に公開したほうが、いい結果が得られるとはいえ、「僕はダメな男なんだ」なんていうのは、問題外。なにしろ、女性が拒絶したいタイプのナンバーワンは、何度も言うように「自信のない男」なのだから。自分の欠点を口にするときは、「それを知られても問題はない」という自信の裏返しであるような話し方をしなければならない。

しかし、親しい関係になったならば、深刻な欠点を笑って話すといい。「企画を立てるのは好きなんだけど、どうもメカオンチでね。企画をパソコンできれいに図表化するのに、えらく苦労するんだ」。そこで、相手の女性も、ふっと微笑む。その微笑には、きっと、あなたの「度量」に魅せられた笑みがふくまれているはずだ

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚したくない恋人は欲しい

誘いの瞬間こそ、ドラマにおける緊張のヤマ場であります。フィクションの場合、ここがうまくできていると、結末がめちゃくちゃでも、ああ、おもしろかったと鑑賞できるわけ。しかし、実生活では、おもしろかったでは …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …

no image

ナンパで始まる恋物語もある

息子の通う幼稚園の同じクラスのお母さんたちとの親ぼく会があり、お茶を飲みながら、どこで、初めて主人と知り合ったかという話題になった、とある人は語る。 そういえば、私の故郷は狭い町なので、A子が断わった …

no image

誕生日はなぜめでたいのだろうか

クリスマス・プレゼントは、お歳暮とバレンタインのチョコの中間に位置するといってよい。しかし、彼も手編みのセーターを彼女からもらったなら、まさか、それがお歳暮だとは思わないであろう。本命の彼にクリスマス …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …