恋愛

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラとソトゾラはだいぶ違うことが想像される。

人は皆、自分と同じ性格を持った者を嫌うものだ。出世欲眠盛の人間は出世バカを嫌うし、世話好きはおせっかいを嫌う。つまり、自分の鏡を見るような相手を敬遠し、嫌悪するのだ。おそらく、その背景には、潜在的な自己嫌悪が働いているのだろう。というわけで、男は、女に対しては自分の実体、欠点をあまり隠さないほうがいい。

女性とは、自分の本性、実体を「隠す動物」であるらしい。そして、だからこそ、女性は、自分の実体や欠点を隠す男に反感を抱くー。矛層したロジックに思えるかもしれないが、そうではない。

自分の欠点を平気で口にすることは

「自分の欠点を平気で口にする」ことは、じつは「自信の表明」にほかならないわけだ。「いやあ、朝がほんとうに弱くってさ。目覚まし時計を三つくらい使わないと起きられないんだ」。最初は、そのくらいのアッサリしたものがいいだろう。関係が親密でないうちは、重要な欠点に言い及ぶと、深刻になりすぎるきらいがある。

むしろ積極的に公開したほうが、いい結果が得られるとはいえ、「僕はダメな男なんだ」なんていうのは、問題外。なにしろ、女性が拒絶したいタイプのナンバーワンは、何度も言うように「自信のない男」なのだから。自分の欠点を口にするときは、「それを知られても問題はない」という自信の裏返しであるような話し方をしなければならない。

しかし、親しい関係になったならば、深刻な欠点を笑って話すといい。「企画を立てるのは好きなんだけど、どうもメカオンチでね。企画をパソコンできれいに図表化するのに、えらく苦労するんだ」。そこで、相手の女性も、ふっと微笑む。その微笑には、きっと、あなたの「度量」に魅せられた笑みがふくまれているはずだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加