ニキビ

化粧水は肌に合わせてタイプを選んで使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと口に化粧水といっても、さっばりタイプ、しっとりタイプなど、さまざまなものがあります。ニキビ肌のために化粧水を選ぶコツは、収れんタイプの肌を引き締めてくれる、使用感がさっばりしたものをセレクトすること。洗顔後に、あまり時間をおかずに、たっぷりの化粧水を肌に与えて潤いを素早く補給してあげることが大切になります。
まず、クレンジング剤をつけたコットンで眉全体をふくよつにしてアイブロウを落として。コットンでまつげを挟おようにマスカラをふき取ります。

決して強くひっぱらないこと。ニキビケアには余分な皮脂を取り去ることが大切ですが、ここで間違えてはいけないのが、決して、肌をカサカサにするということではないといつこと。洗顔のあとの乾燥気味の肌を無防備にしておくと、カサつきが気になるあまり化粧品をつけすぎてニキビができることもあるのです。だからニキビ肌でも、化粧水による水分の補給は必要だと覚えてください。ただし、この化粧水選びがキーポイントなのです。

ふき取りタイプのクレンジング剤

ポイントメークの化粧落としだけはふき取りタイプのクレンジング剤を使用します。コットンの中央に、やや多めに取って、まつげや眉は挟むように、目の際や口角は角を使うなどコットンを上手に利用しながらていねいにクレンジングしましょう。ニキビ肌の保湿のために、まず化粧水によるパッティング法。肌の奥まで、そしですみずみまて水分をいきわたらせるために、また、肌が清潔な状態て行うためにコットンを使用したパッティング法ですが、肌をたたく部分それぞれが赤くならない程度の強さて、ヒンヤリしてくるまてたたくことがコツ。

特に、額、鼻筋のTゾーンは何度も繰り返しパッティングして引き締めて。コットンに取る化粧水はケチらず、頼などカサつく部分とTゾーンの引き締めたい部分は、できるだけ回数を多めにたたくことを忘れずに。ただし、ニキビがひどいときには、なるべくカサつく部分だけに化粧水をつけるようにして、パッティングは控えて肌が落ち着くのを待ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加