スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

投稿日:

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためなのでしょうか?私は、何事もきちんとするのが好きな性格です。だらしない服装は嫌いですし、メイクだってきちんとする姿勢の仕上げだと思っています。私はなにか考え違いをしているのでしょうか?、と。

先日のことです。結婚しようと思って交際している彼に、おまえ、メイク濃くない?素顔、見たことないなあと、いわれました。それまで楽しく食事していたのですが、その瞬間、私は悲しく、寂しくなって涙がにじんできました。彼にそんな風に言われるなんて思ってもいなかったからです。

女は、男のためにだけ化粧するものだと思っているフシがあります。私は夫から、結婚したのに、まだ化粧するのか?といわれたことがあります。つまり、女は男をひっかけるために化粧をすると思ってるらしいのです。それは違います。私は反論しました。

ぼく以外の男の目も引こうと考えてる

センスのいい女性に会うときは、ヤボったい男性と会うときより数倍時間をかけて身づくろいします。男の目よりも女の目、なのです。さて、彼が、厚化粧すぎないかといった言葉の裏には、化粧を濃くして、ぼく以外の男の目も引こうと考えてるんじゃないかという不安がこもっているのだと思います。

長女の通う幼稚園の先生がたはみんなキッチリお化粧している。幼児とその母親としか顔を合わせないのに、オシャレを競い合い、かわいいメイクをして、毎日、幼稚園に来ている女性は、むしろ、女同士しのぎを削るために装い、化粧するのだと思っています。

大づくりな目鼻立ちの人は、少しメイクしただけでとたんにケバくなります。本人は少ししか塗っていないつもりでも、化粧映えする顔の人は厚化粧と思われたりするものです。あなたはきちんとしたメイクだと思っていることが、じつは、ケバいと思われてるかもしれないのです。あなたはご自分の化粧について自信を持っていらっしゃるようですが、一度、反省してみてはいかがでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …

no image

芸能人の恋の話

正露丸や龍角散。名前からして、由緒のありそうな薬たち。パブロンやルルよりは、古くから伝わってる薬だとすぐわかる。その長く愛された秘密は(薬の効用はもちろんだが)、どこか、一度好きになったら、ものすごく …

no image

結婚しているのに恋心を抱いてしまう

結婚しているのにちっとも落ち着きがなく、すぐに恋心を抱いてしまう、とある人は語る。彼とともに青春を過ごし、結婚したくてしたくてたまらない人と一緒になった私ですが、じつはプロポーズされたときはすでに心は …

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …