スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

投稿日:

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためなのでしょうか?私は、何事もきちんとするのが好きな性格です。だらしない服装は嫌いですし、メイクだってきちんとする姿勢の仕上げだと思っています。私はなにか考え違いをしているのでしょうか?、と。

先日のことです。結婚しようと思って交際している彼に、おまえ、メイク濃くない?素顔、見たことないなあと、いわれました。それまで楽しく食事していたのですが、その瞬間、私は悲しく、寂しくなって涙がにじんできました。彼にそんな風に言われるなんて思ってもいなかったからです。

女は、男のためにだけ化粧するものだと思っているフシがあります。私は夫から、結婚したのに、まだ化粧するのか?といわれたことがあります。つまり、女は男をひっかけるために化粧をすると思ってるらしいのです。それは違います。私は反論しました。

ぼく以外の男の目も引こうと考えてる

センスのいい女性に会うときは、ヤボったい男性と会うときより数倍時間をかけて身づくろいします。男の目よりも女の目、なのです。さて、彼が、厚化粧すぎないかといった言葉の裏には、化粧を濃くして、ぼく以外の男の目も引こうと考えてるんじゃないかという不安がこもっているのだと思います。

長女の通う幼稚園の先生がたはみんなキッチリお化粧している。幼児とその母親としか顔を合わせないのに、オシャレを競い合い、かわいいメイクをして、毎日、幼稚園に来ている女性は、むしろ、女同士しのぎを削るために装い、化粧するのだと思っています。

大づくりな目鼻立ちの人は、少しメイクしただけでとたんにケバくなります。本人は少ししか塗っていないつもりでも、化粧映えする顔の人は厚化粧と思われたりするものです。あなたはきちんとしたメイクだと思っていることが、じつは、ケバいと思われてるかもしれないのです。あなたはご自分の化粧について自信を持っていらっしゃるようですが、一度、反省してみてはいかがでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋人はやさしい人

やさしくしてもらいたいから、恋をするのか。そして、条件として、よくあげられるのが、おもしろい人である。おもしろいことをいって、笑わせてもらったり、楽しませてもらったりしたいのだろう。ここに、受け身の女 …

no image

女性の中身を褒める

豊満ボディを売りにして『キングコング』でデビューしたジェシカ・ラングは、長らく。キングコングの花嫁、と侮られながらも、様々な作品で果敢に汚れ役に挑戦するうちに、ハリウッド屈指の演技派、とたたえられるま …

no image

男って義理堅いなあと思った瞬間

世間ではリクルート問題が騒がれていたが、この件に関しての第一印象は、男って義理堅いなあである、とある奥さんは語る。未公開株でもうけさせてもらった業者には、ちゃんと便宜をはかる。私がもし役人なら株でしっ …

no image

結婚して地方に嫁ぐ悩み

彼と結婚すると一生地方暮らし。彼をとるか東京をとるか悩んでいます、とある語るある人。彼をとるか、大好きな生まれ育った東京をとるかで悩んでます。つまり、東京風の彼をとるか、彼なしの東京をとるか、です。ど …

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …