スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

倹約生活で子供の心が養われる

投稿日:

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。

夕食は、「冷食」といって、昼食の食べ残しを始末するようになっています。ひと晩おくことは、腐敗を起こしやすいし、ビタミンBやCがどんどん少なくなることを知っている。電灯もつけっ放しにすることは「むだなこと」として注意を受けます。電気スタンドをつけているうえに部屋の電気をつけておくことも「むだなこと」です。

西ドイツの幼稚園などの工作には、廃物がたくさん使われています。果物の種子はよく用いていますし、マラカスなども、こわれた電球を持ってきてもらい、それに紙粘土を貼って作ります。それに着色した上で叩きますと、中のガラスがこわれますので、それを振るとよい音がでます。

まめに消して回った月の電気料金をふだんの月と比較してみるとよいでしょう。相当な差がでるのではないでしょうか。広告紙などをメモ用紙に使っている家庭があるでしょうか。あるいは、子どもの工作の材料にとっておくこともできます。

奪れる者は久しからず

子どもたちは、物を紛失してもすぐに買ってもらえるといった気持を持つようになりましたから、鉛筆やゴムなどは教室のあちこちに落とした、探そうともしないようになっまいました。奪れる者は久しからずーという言葉を知っているでしょうか。

わが国でも、昭和三十五年くらいまでは貧しい国でありましたから、生活面でいろいろな険約を教えました。ところがその後景気がよくなるにつれて、「消費は美徳」などのとんでもない掛け声におどらされて、家庭でのむだ使いがはげしくなってしまいました。

このように、お母さんやお父さん、さらには園の先生方が、むだに捨てないことや廃物を利用
することに注意を払っていますから、いつの間にか、子どもにも険約の心が養われているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせ …

no image

自分の存在意義が多くの人々に喜びを与える

やりたいこと、なりたい、を自らの力で達成していけることほど人生における大きな喜びはありません。それこそが本当の幸せな人生でしよう。人生を歩めるように手助けしてあげるのが親のひとつの務めです。したがって …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

しつけはゆっくり生活

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生 …