スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

喧嘩のできない子ども

投稿日:

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると、ゲームなどをしますが、それだけでなく、必ずいたずらを始めます。それに参加できないような子どもは、仲間に入れようとしないでしょう。

「いたずら」がとめられてしまって、おとなしい子どもにされると、子どもの自発性の発達はとまってしまい、年齢が高くなるにつれて、積極性がなくなって、ついに挫折することになりやすい。その一つの現われが、現在わが国に多発している中・高生の登校拒否です。

けんかは自発性にもとづく自己主張のぶつかり合いですから、自発性の発達している子どもは、同じような子どもと「けんか」をします。しかし、そうした子どものけんかは、大人が介入さえしなければ、すぐに仲直りするでしょう。仲よく遊んではけんかをし、けんかをしては仲よく遊ぶということをくり返す中で、自己主張の方法を考え出し、相手にも相手の立場があることを学んでいくのです。

おとなしい子ども

おとなしい子どもがお友だちといっしょに遊んでいることがあるでしょう。しかし、それは同類の子どもですから、けんかをしません。けんかをする子が「よい子」です。しかし、目の前の子どもがけんかを始めると、どうしても口を出したり、手を貸したりしたくなるでしょう。そのときに、ぐっとこらえて、その成り行きを見ているお母さんやお父さんであってほしいのです。

小さなけがはけんかにつきものですから、とめないようにがんばりたいもの。とめなければならないけんかは、石とか棒をもってけんかをしているときぐらいでしょう。ただし、二歳から三歳にかけての物の奪い合いによるけんかは、黙って二人を分けることが必要です。

うっかり口を出すと、子どもの心を傷つけてしまうことが多いからです。とくに、どっちがよいの悪いのと裁くことは、最も子どもの心を傷つけます。悪者にされた子どもは、深い心の傷を負ってしまうのです。どうしても手を貸さなければならないけんかは、大きなけがをしそうな場合です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボッ …

no image

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って …

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …