ニキビ

ケミカルピーリングの効果など-ニキビ治療の色々な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるスキンケアクリニックで行っているレーザーや光線力学療法を中心とした最新のトータル・ニキビ・ニキビ跡・毛穴治療プログラムを紹介する前に、ここで簡単に一般的に普及しているニキビ治療をみておきましょう。

ケミカル・ピーリング療法など

・ケミカル・ピーリング

皮フ科でもニキビ治療にケミカル・ピーリング療法を行うところが増えてきています。ケミカル・ピーリングは現在ニキビ治療のなかでもっとも一般的なものになっています。ケミカル・ピーリングは、白ニキビや黒ニキビに対しては、皮フにある過剰な皮脂や毛穴のつまりの原因となる角栓を取り除く効果があり、赤ニキビや黄ニキビに対しては炎症の原因となる細菌を殺菌する効果があります。また、古い角質層を取り除き皮フの新陳代謝を促すので、色素沈着や開いた毛穴を改善する効果もあります。

・飲み薬

ビタミンAが角化の抑制効果、ビタミンB群が皮脂の過剰分泌を抑制する効果、ビタミンEが過酸化脂質産出の抑制効果があります。ニキビ治療には、塗り薬としてもビタミンCやビタミンAが使われることもあり、ニキビ治療にビタミンは大活躍しているのです。飲み薬としては、ビタミンA、B、Eなどのビタミンがニキビ治療に有効です。

・塗り薬

近年ではニキビの炎症後の色素沈着の防止や抗酸化効果が期待されて、ビタミンCの誘導体やイオン導入もよく使われるようになっています。他には、美白効果のあるレチノイン酸(ビタミンA)がニキビの改善効果が高いと考える医師も増えてきて実際に治療現場で使われることもあります。塗り薬としては、抗菌や抗炎症の効果のある成分が含まれるクリームや、角化異常を防ぐ成分が含まれたクリームが使われています。また、ニキビ用の洗顔剤や化粧水も使われています。このなかにはケミカル・ピーリングで使われるグリコール酸などが配合されていて、角栓(毛穴をふさいでいる栓)除去などの効果があるものもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加