スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

結婚適齢期と出産

投稿日:

周りの人間が私の顔を見れば適齢期をロにします。結婚年齢は人様々だと思うのですが、この世にはなんで適齢期なんてあるんでしょう。私はいま適齢期ですが、まあ、適齢期を過ぎつつある微妙な年齢といえると思います、とある女性は語る。

ヤクザ映画を観て、その気になって、肩をいからせて映画館を出てきた男が、ショーウィンドウのガラスに映った自分の姿を見て、夢から醒めてしまうのと同じように、競技場から出てきた恋人同士が、相手を見て夢(=恋)から醒めてしまう、なんてこともあるかもしれない。

私自身はまだいいやという感じなのに、周囲はやかましくてかないません。両親は心配し始めているようですが、まあ、そんなにどうのこうのとはいいません。お節介を焼きたがっているのは、近所に住むあるおばさんなのです。

20歳くらいから産みはじめないと

適齢期というものは、女性の出産年齢を基準に生まれた言葉のように思います。昔は子供を七人も八人も産んでいたので、とりあえず20歳くらいから産みはじめないと、人数、産み終えられないと考えたのではないでしょうか。

顔を合わせるたびにもうお年頃ねえといいます。私は内心、年頃もないもんだと思ってますが、そこはご近所のよしみ、ええ、まあなどとアイマイな笑みを浮かべて適当にごまかしています。ほっといてと思う私には、適齢期なる言葉、うざったいだけです。

20歳から七人産むと、2歳差ずつとして産み終えるのに34歳ですから、これはかなりシンドそうです。つまり、適齢期とは死語なのです。いまは七人も八人も子供を産む必要ないし(昔は幼児死亡率が高かったので、たくさん産んでおかないと安心できなかった、30歳で初産でも、そう危険もなさそうです。医療機関の充実が、適齢期という言葉を無用のものにしたはずです。ところが、近所のおばさんは、すぐ若い娘を結婚させたがり、その時引き合いに出す呪文を唱え続けるのです、とある女性は語った。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

セクシャルハラスメントと中傷

セクシャル・ハラスメントが今話題である。あのコ、相当、男と遊んでるらしいわ。あんな女と仕事したくないわよね女同士の間でも、よくこういう会話は耳にする。しかし、これは、セクシャル・ハラスメントとは言わな …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …

no image

職場の不倫カップル

職場の不倫カップルとなれば、大変きわまることであろう。よく聞く話だが、妻子持ち上司と部下の女子社員カップル。それが社内でバレ、オフィス内の均衡は崩れ(男子社員も、上司の女となれば、むげに怒鳴れなくなる …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …