スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

経済的豊かさが幸福の基軸といった価値観ではつらい

投稿日:

この先は風の時代になっていくと思います。そうなると経済的にどう豊かになるか以上に、個人としてどう幸せに生きていくかに、価値観の基準は移っていくでしょう。この先、従来のような「経済的豊かさが幸せの基軸」といった価値観はつらくなっていくばかりです。

巨大企業などが次々と誕生し、いけいけどんどんで拡散していった大きなエネルギーの波は、バブルの崩壊やリーマンショックなどを経て、いまや小波から風へと向かいつつあります。安泰と思えた大企業が崩壊し、安泰の象徴だった終身雇用制度もなくなりつつあり、いい学校に入ることやいい会社に入ることが必ずしも一生を保証するものではなくなってきた時代において、それまでの幸せの価値観が通用しなくなってきていることは皆さんも実感されていることでしょう。

お金があることだけが幸せであるという考え方では、自分の幸せ感を確保することがどんどんむずかしくなっていくのではないかと思います。幸せ感がもてなければ心のゆとりといったものも生まれてはきません。

常にないものねだりをしていて

一方の世界は、何でもあって何でもできるけれども、常にないものねだりをしていて、自分が恵まれていることに少しも目を向けないでいる世界です。ものの見方がすべてマイナスの地点に立っている人たちの世界です。

お金は必要かもしれません。でもお金だけでは幸せになっていくことはできません。それ以上に必要になってくるのは二つの内面の世界のうち、どちらに身を置きたいかを真正面から自分に問うて選んでいくことです。ゆとりをもつには、その人がどういう生き方をしていくかで幸せか不幸かが決まってくるということを理解し、従来的幸せ感からの組み換えを真剣に考えていかなければならない。

外から見たらとても幸せな世界にいるけれども、実際はすごく不幸な人たちです。もう片方の世界は、外から見たらとても不幸に見えるけれど、「あること」と「できること」だけに日を向けて生き、「あること」できることに感謝の念をもちながら生きている人たちの世界です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

ガミガミと叱る母親と反発する子供

もし子供がおもしろいもの、楽しいと思ったものを発見して、「ねえママ!おもしろいものがあるよー」と声をかけたのに、「何よーうるさいわねー」「そんなことより早く歩きなさい!」とお母さんに怒られれば子どもは …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …

no image

赤ちゃんの色々な動き

・赤ちゃんの動き あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、とし …