スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

投稿日:

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お母さんのよいイメージを子どもの心に刻み込むように働くのです。

心に「ゆとり」のないお母さんは、「うるさいね」とか、「お母さんがお仕事をしているのがわからないの」と怒鳴るでしょう。そのようなときの子どもの心は、お母さんに対する冷たさを感じていますから、強い不満が残ります。そこで、ふくれっ面をしたり、しっこくいいったりして、さらにお母さんを怒らせてしまうことになりますが、その原因は、お母さんにあるのです。

お母さんとでは、子どもの心の発達にちがいができます。たしなめるお母さんの場合には、一つの型の中に子どもをはめ込んでしまうでしょうし、働くことの楽しさを妨げてしまいます。感心するお母さんの場合には、子どもに創造の喜びを与えるとともに、働くことの楽しさを味わう機会を与えることになります。

四、五歳の子どもは

四、五歳の子どもは、それに興味を持ちさえすれば、いそいそと手伝ってくれるでしょう。お手伝いも、子どもにとっては一種の遊びです。子どもを仕事に参加させることも、子どもにとってはお母さんとの遊びを実現することになりますし、働くことの楽しさを味わうことにもなるのです。「お母さんは、今、お潰物を切っているでしょ。これを、お皿にのせてよ。お仕事が終わったら〇〇ちゃんのお話をゆっくりときいてあげるからね」といって、家事の役割を与えます。

漬物をお皿にのせるにも、自分なりの遊びを工夫するかも知れません。そののせ方が、お母さんのやり方とはちがうことがあります。そのときに、「そんなのせ方をしないで」とたしなめるお母さんと、「新しいのせ方だねえ」と感心するのです。こうした扱い方によって、働くことを楽しみ、積極的にお母さんを助けようとする子どもになるか、面白くない顔をしていやいやお母さんに従う子どもになるかの方向性が決まってきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供にキャンプの体験をさせる

ある子供たちの体験合宿での話。われわれは、行く行くは火うち石で火をおこすこと、つまり、文明の原点を教えなければならないとさえ考えました。また、かまども子どもたちに作ってもらったのですが、すぐに「疲れた …

no image

赤ちゃんは運動させると発達していく

赤ちゃんの時期に、運動がじゅうぶんにできる環境が子どもに与えられたかどうかが、その後の子どもの運動機能の発達に、大きな影響を持ってきます。その点で、狭い住宅の中では、なかなか思うにまかせません。そのよ …

no image

子供が四歳を過ぎた頃の遊び方

多くのお母さんには、子どもといっしょになって遊ぶ時間の「ゆとり」はな知れません。ただし、本当に忙しい場合と、子どもと遊ぶための時間の工夫をしていなどがあります。例えば、夕飯の仕度をしているときに、「マ …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

過去形でほめてみましょう

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつ …