スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

投稿日:

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お母さんのよいイメージを子どもの心に刻み込むように働くのです。

心に「ゆとり」のないお母さんは、「うるさいね」とか、「お母さんがお仕事をしているのがわからないの」と怒鳴るでしょう。そのようなときの子どもの心は、お母さんに対する冷たさを感じていますから、強い不満が残ります。そこで、ふくれっ面をしたり、しっこくいいったりして、さらにお母さんを怒らせてしまうことになりますが、その原因は、お母さんにあるのです。

お母さんとでは、子どもの心の発達にちがいができます。たしなめるお母さんの場合には、一つの型の中に子どもをはめ込んでしまうでしょうし、働くことの楽しさを妨げてしまいます。感心するお母さんの場合には、子どもに創造の喜びを与えるとともに、働くことの楽しさを味わう機会を与えることになります。

四、五歳の子どもは

四、五歳の子どもは、それに興味を持ちさえすれば、いそいそと手伝ってくれるでしょう。お手伝いも、子どもにとっては一種の遊びです。子どもを仕事に参加させることも、子どもにとってはお母さんとの遊びを実現することになりますし、働くことの楽しさを味わうことにもなるのです。「お母さんは、今、お潰物を切っているでしょ。これを、お皿にのせてよ。お仕事が終わったら〇〇ちゃんのお話をゆっくりときいてあげるからね」といって、家事の役割を与えます。

漬物をお皿にのせるにも、自分なりの遊びを工夫するかも知れません。そののせ方が、お母さんのやり方とはちがうことがあります。そのときに、「そんなのせ方をしないで」とたしなめるお母さんと、「新しいのせ方だねえ」と感心するのです。こうした扱い方によって、働くことを楽しみ、積極的にお母さんを助けようとする子どもになるか、面白くない顔をしていやいやお母さんに従う子どもになるかの方向性が決まってきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きた …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …