スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

可愛いと綺麗の違いを知り、うまく使い分けよう

投稿日:

富士山に百景があるように、一人の女性にも様々な風景がある。四〇歳過ぎの女性だって、笑顔ではしゃいでいるときは「かわいい」のだし、本人もそのつもりになっているはずなのだ。そこをちゃんと反応してあげて、「かわいいですね」と言えてこそ、女性の心をヒットできるというものだ。

もっぱら男の感性でいくと、きれいか、かわいいかは、女性のタイプではっきりと区分けされる。黒木瞳、米倉涼子は「きれい」。浜崎あゆみ、上戸彩は「かわいい」。まあ、そんなところだろう。だが、そんなふうに野菜と果物を種別するような感性では、とうてい意中の彼女を振り向かせることはできない。

基本的には、二〇代後半までは「かわいい」で、三〇代からは「きれい」がふさわしい。だが、三代の女性も、ときにはメルヘンとかロリータといったファッションがしたくなる。三〇代の女性がフリフリの服やミニスカートで現れたときは、やはり、その企図をくんで「かわいい」と評してあげなくてはならない。

日ごろロリータ系の意中の彼女がシックなスーツできめてきたら、「きれい」と言ってあげたいものだ。また、目、髪、手、足は、年齢にかかわらず「きれい」で押したい。それらを評するのに「かわいい」をあててくると、彼女を「あたしって漫画チック?」みな複雑な気持ちにさせかねないので、気をつけて。

イイ女ほどいろいろな表情を持っている

イイ女ほど、いろいろな風景(表情)を持っているものだ。女優などはその典型で、和服を着てすましていると日本画みたいな美人になるかと思えば、笑って弾けているときはかわいさがあふれ出す。

仕草にかんしては、その空気を読んだうえで「きれい」と「かわいい」を使い分けることをおすすめする。仕草については、ほおづえ、首をかしげる、笑う、しょんぼりしてみせるーそういった仕草には、女性本人に「きれい」と思われたいか、「かわいい」と思われたいかの狙いがある。大事なのは、どちらに見えるかではなく、本人がどちらのつもりでいるかだ。

ふつうの女たちも、いろいろな風景を持つことがイイ女の条件であることを自認している。そんな理由からも、「きれい」と「かわいい」のひんぱんな使い分けが必要になるのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

年の差カップルが本当はうらやましい

世の中に、絵に描いたような幸福が存在することが許せない。しかし、その次の瞬間、ウプなだけのキレイキレイなお嬢ちゃんである花嫁に、安心したりする。今のうちよ。キレイ、キレイ、かわいい、かわいいって妻を可 …

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …

no image

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。 ときには、相手が初対面の女 …

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …