スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家庭外でつらい思いをすることがあっても

投稿日:

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという意欲も湧いてくる。

あなたの家庭に、団らんがあるでしょうか。あるとしたら、どのような種類の団らんでしょうか。団らんのある家庭とは、どんな家庭でしょうか。ひと口にいえば、その家庭に入ってみると、何となしに暖かさが漂っていて、なごやかだーということです。家族が作り出す雰囲気といってよいでしょう。そうした雰囲気を作り出す主役は、もちろん、お母さんであり、お父さんです。

働いているお母さんにとっても、家庭は心のやすらぐ場でなければなりません。そこで、まず、家庭に暖かい団らんを作り出すにはどうしたらよいかーということになる。家庭の外に出れば、大波小波が寄せてきます。つらい思いをすることがたくさんにあるものです。しかし、家庭に入って、家族から暖かく迎えられることによって、つらさが吹き飛んでしまうことが多いでしょう。

幼い子どもにとっては

家庭は、子どもにとって「巣」であるとも、「お城」であるともいわれてきたのは、そのことを意味しています。家庭の暖かさは、お母さんとお父さんとの間に「思いやり」があることが第一です。その上に、「気がねがない」ということが加わります。

幼い子どもにとっては家庭生活が主になるわけですから、団らんの中で情緒が安定しますし、情操の芽ばえがっちかわれているのです。それだからこそ、世界のどの国でも、家庭を大切にしてきました。

二人が何でも話し合える雰囲気から、暖かさゃなごやかさが生まれてくる。そのような両親に育てられている子どもたちもまた、お母さんにもお父さんにも「気がね」をせずに、のびのびしており、自分の考え方をはっきりということができるのです。それは、両親が、子どもの考え方をよくきこうとする耳を持っているからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせ …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …