スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家庭外でつらい思いをすることがあっても

投稿日:

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという意欲も湧いてくる。

あなたの家庭に、団らんがあるでしょうか。あるとしたら、どのような種類の団らんでしょうか。団らんのある家庭とは、どんな家庭でしょうか。ひと口にいえば、その家庭に入ってみると、何となしに暖かさが漂っていて、なごやかだーということです。家族が作り出す雰囲気といってよいでしょう。そうした雰囲気を作り出す主役は、もちろん、お母さんであり、お父さんです。

働いているお母さんにとっても、家庭は心のやすらぐ場でなければなりません。そこで、まず、家庭に暖かい団らんを作り出すにはどうしたらよいかーということになる。家庭の外に出れば、大波小波が寄せてきます。つらい思いをすることがたくさんにあるものです。しかし、家庭に入って、家族から暖かく迎えられることによって、つらさが吹き飛んでしまうことが多いでしょう。

幼い子どもにとっては

家庭は、子どもにとって「巣」であるとも、「お城」であるともいわれてきたのは、そのことを意味しています。家庭の暖かさは、お母さんとお父さんとの間に「思いやり」があることが第一です。その上に、「気がねがない」ということが加わります。

幼い子どもにとっては家庭生活が主になるわけですから、団らんの中で情緒が安定しますし、情操の芽ばえがっちかわれているのです。それだからこそ、世界のどの国でも、家庭を大切にしてきました。

二人が何でも話し合える雰囲気から、暖かさゃなごやかさが生まれてくる。そのような両親に育てられている子どもたちもまた、お母さんにもお父さんにも「気がね」をせずに、のびのびしており、自分の考え方をはっきりということができるのです。それは、両親が、子どもの考え方をよくきこうとする耳を持っているからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …

no image

ギブ・ギブ・ギブから始めましょう

ご主人や周りの人たちに甘え、その人たちから心のエネルギーをもらうことならできます。「ギブ・ギブ・ギブ」から始めましょう。ただし、そのためには甘えられる人間関係をつくっていくことも大切です。人に好かれる …

no image

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必 …

no image

自己主張できないことは困難

二年ほど前のこと、私は西ドイツとオーストリアに四十日ほど滞在し、向こうの友だちの家に泊ったりしていました、というある人。欧米のレストランでは、必ずニューをお客さんの一人一人に渡します。それを受け取った …