スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家庭外でつらい思いをすることがあっても

投稿日:

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという意欲も湧いてくる。

あなたの家庭に、団らんがあるでしょうか。あるとしたら、どのような種類の団らんでしょうか。団らんのある家庭とは、どんな家庭でしょうか。ひと口にいえば、その家庭に入ってみると、何となしに暖かさが漂っていて、なごやかだーということです。家族が作り出す雰囲気といってよいでしょう。そうした雰囲気を作り出す主役は、もちろん、お母さんであり、お父さんです。

働いているお母さんにとっても、家庭は心のやすらぐ場でなければなりません。そこで、まず、家庭に暖かい団らんを作り出すにはどうしたらよいかーということになる。家庭の外に出れば、大波小波が寄せてきます。つらい思いをすることがたくさんにあるものです。しかし、家庭に入って、家族から暖かく迎えられることによって、つらさが吹き飛んでしまうことが多いでしょう。

幼い子どもにとっては

家庭は、子どもにとって「巣」であるとも、「お城」であるともいわれてきたのは、そのことを意味しています。家庭の暖かさは、お母さんとお父さんとの間に「思いやり」があることが第一です。その上に、「気がねがない」ということが加わります。

幼い子どもにとっては家庭生活が主になるわけですから、団らんの中で情緒が安定しますし、情操の芽ばえがっちかわれているのです。それだからこそ、世界のどの国でも、家庭を大切にしてきました。

二人が何でも話し合える雰囲気から、暖かさゃなごやかさが生まれてくる。そのような両親に育てられている子どもたちもまた、お母さんにもお父さんにも「気がね」をせずに、のびのびしており、自分の考え方をはっきりということができるのです。それは、両親が、子どもの考え方をよくきこうとする耳を持っているからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …

no image

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …