スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

投稿日:

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子どもの心(とくに情緒)の面を無視しています。よい雰囲気を作るためには、お母さんがよい聞き手になることを考えてみなければなりません。聞き上手とは、相手の気持になることです。つまり子どもに対する「思いやり」があるかどうかにかかっています。

大切なお母さんのイメージ子どもには、家庭が大切です。家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことによって、情操が豊かになっていきます。「思いやり」の心の芽ばえがっちかわれていくのです。子どもは、学校でたっぷりと勉強してきています。家庭に帰ったならば、くつろぎたいのです。遊びたいのです。

それをつかまえて、「勉強は?」ときくようなお母さんは、鬼母というべきでしよう。それにも、「黙って友だちの家にいった?」などといって追いうちをかけるのですから、子どもはたまったものではありません。家庭離れは次第に進んでいくでしょう。子どもは、だんだんにお母さんに寄りつかなくなってしまいます。学校からの帰りに、友だちの家に寄ってきたりもしたくなるでしょう。

家庭での暖かさの経験

家庭での暖かさの経験、とくにお母さんのよいイメージの成立ができていないと、子どもは、簡単に家庭を捨ててしまいます。何といっても、子どもの人格形成にとっては、お母さんのよいイメージが子どもの心の中で暖かく輝いていることが大切です。

「思いやり」は、すぐには見えてきません。年齢がすすむとともに、とくに思春期以後になってはっきり現われてきます。そのときになって、家出をしたり、非行化したりする子どもの生活史をたどってみますと、家庭の中に暖かさがなかったのです。お母さんとの間の身体接触も少なく、遊びもないということがわかっています。自殺をする子どもにも、同じことが考えられます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

今よりもちょっと悪い状況を考えてそれと現在を引き比べていく

今よりもちょっと悪い状況を考えて、それと現在を引き比べていくようにすると、今が有難く感じられ、喜びも出てくるようになるもの。子どもが何かやらかしても、「問題が起こせるということは子どもが元気に外に出て …

no image

過去形でほめてみましょう

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつ …

no image

自分は幸せだと思う人は幸せになれる

自分を幸せだと思っている人は、さまざまなことに「有難い」と思うことができます。例えば家計の収入が減ってしまって暮らしが苦しくなったとき、「難有り」と思う人は、「子どもを私立の学校に行かせようと思ってい …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …