スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

投稿日:

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子どもの心(とくに情緒)の面を無視しています。よい雰囲気を作るためには、お母さんがよい聞き手になることを考えてみなければなりません。聞き上手とは、相手の気持になることです。つまり子どもに対する「思いやり」があるかどうかにかかっています。

大切なお母さんのイメージ子どもには、家庭が大切です。家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことによって、情操が豊かになっていきます。「思いやり」の心の芽ばえがっちかわれていくのです。子どもは、学校でたっぷりと勉強してきています。家庭に帰ったならば、くつろぎたいのです。遊びたいのです。

それをつかまえて、「勉強は?」ときくようなお母さんは、鬼母というべきでしよう。それにも、「黙って友だちの家にいった?」などといって追いうちをかけるのですから、子どもはたまったものではありません。家庭離れは次第に進んでいくでしょう。子どもは、だんだんにお母さんに寄りつかなくなってしまいます。学校からの帰りに、友だちの家に寄ってきたりもしたくなるでしょう。

家庭での暖かさの経験

家庭での暖かさの経験、とくにお母さんのよいイメージの成立ができていないと、子どもは、簡単に家庭を捨ててしまいます。何といっても、子どもの人格形成にとっては、お母さんのよいイメージが子どもの心の中で暖かく輝いていることが大切です。

「思いやり」は、すぐには見えてきません。年齢がすすむとともに、とくに思春期以後になってはっきり現われてきます。そのときになって、家出をしたり、非行化したりする子どもの生活史をたどってみますと、家庭の中に暖かさがなかったのです。お母さんとの間の身体接触も少なく、遊びもないということがわかっています。自殺をする子どもにも、同じことが考えられます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …