恋愛

片思いは恋かという疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片思いは、恋か、という疑問があります。片思いは、恋です。逆に、一方的に異性から思いをかけられることは、恋でも何でもありません。好きでも何でもない相手から一方的に愛情を注がれても、その人の内部では何の心的変化もありません。うっとうしいなくらいでしようか。そして、それは、恋愛心理とはかけ離れたものです。

よく、女性は、生まじめだといわれる。まじめな正論を他人に押しっけたりしがちである。婦人団体代表の意見などを聞くと、とくにそういう思いがする。一度、妙ちきりんな男に恋をしてみるとよい。そうすれば、なんだ、あたしってたいしたことないのねと、はっきり、わかると思う。妙ちきりんな男に思いを募らせると、恥ずかしさと苦しみも同時に体験できる。そして、苦しい恋を一度通過すれば、そう安易に恋愛しなくなる。軽はずみなラブツアーなど、きっと減るものだと思うのであるが。

片思いは、両思いと同じくらいの内部変化をその体験者に起こさせるものです。息苦しさ。せつない思い。ときめき。不安。ただ、両思いのよいところは、それらを昇華できたかのような気分に、いっときでもさせてくれる点にあります。できたかのようなといいますのは、それを確かめることができないからです。

自分と同じくらい相手も思っていてくれる

親を殺してまでも恋人に会いにゆく思いの女がいたとして、それとつりあうくらいの濃度の恋愛感情を持っている男がいるでしょうか。そうなれば彼女は、いつも片思いといってもいいでしょう。一対一でデートすれば、それが恋人とはいえないと思います。

自分と同じくらい相手も思っていてくれるなど、どのように確かめることができるでしょうか。たとえば、つきあっている恋人同士でも、一方の体調が悪ければデートの最中も不機嫌なこともあるでしょう。そのような時、お互いが同じくらい思い合ってるとは思えません。自分の恋愛にかける思いとつりあうくらいの思いを与えてくれる異性とデートしていて、初めてこの二人は真の恋人同士といえるのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加