恋愛

片付けられない妻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の悩みはだらしないことです、と語るある女性。こういう私でも、いずれは結婚すると思います。男の人はやっぱり自分の家がキチンと片付いている方が好きですよね。家庭を持ったときにこのままでいいのか、私はいまからおびえています。

まあ、だらしないといってもいろいろなケースがありますが、私の場合は、自分の部屋が片付けられないのです。ほんとに、自分でもあきれるくらい散らかってて汚ないと思います。でも、私にしてみれば、これでも私なりに秩序ある乱雑なのです。

どのへんに何があるか、だいたい把握しています。片付けてしまうと、かえってその安心感からか、必要なものがどこにあるのか全然わからなくなってしまうのです。

世の多くの男性にとって、主婦イコール家事らしい。しかし、だらしなく、掃除の嫌いな私が、いまでも殺されもせず、三行業もつきっけられずに生きながらえているのはなぜでしょう。それは、私とは逆に、夫が片付け魔だからです。

家事をしない妻を夫が殺害

先日、テレビを見てましたら、家事をしない妻を夫が殺害というニュースをワイドショーが報じていました。そうか、掃除をしないと殺されるのかと、驚いたものです。また、同じワイドショーで街頭インタビューを行なったところ、多くの男性は、妻の不貞は離婚理由にならないが、家事をしない妻は離婚したいと答えていました。

私が散らかす片っ端から夫が片付けてゆくのです。しょうがないなあといいながら片付けるわけです。片付け魔は片付けることが好きなわけですから、散らかった室内を見ると、それが乱雑でメチャクチャであればあるほど、やりがいを感じるのでしょう。

こんなはずではなかったと、雑然とした室内を見て怒り出すかもしれません。もちろん、彼自身片付けが嫌いなのですから、手を下そうともしない。ますます部屋は汚ない。ますます彼は怒る。だから、片付け嫌いの人は、片付け嫌いの男とは結婚しないほうが無難でしょう。

近所を見回しても、だらしない妻には、わりと片付け魔の夫がついています。だから、片付け好きの夫を見つければよいのです。自分も片付けるのが嫌いで、結婚すれば妻が片付けてくれるものと思い込んでる男性と結婚した場合、だらしない妻は、家庭不和の原因となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加