スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

投稿日:

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会っている一瞬、一瞬がとても貴重に、愛しく思えてくるはずです。そうすれば、俺怠なんか入りこむスキはなくなるはずです。

俺怠するほどなれあった彼なら、二人の間にすでに幾つかの共通の趣味ももてていることでしょう。安らぎに似た安定感も得ていることだと思います。それを捨ててまで、他の人に走るのは、危険です。日本には、それほど自分にびったり合った異性など存在しないからと思うのです。

若い女の子の恋人やボーイフレンドに対する要望の第一位は、やさしい人である。私が娘時代にやさしい男はといえば、いつもニコニコ笑って何をしても許してくれる寛容な人物を示していた。けれど、今の若い女の子のやさしい人は、どうもちょっとニュアンスが違うのである。呼べばすぐ車で迎えに来てくれる。おいしいレストランに連れてってくれる。豪華なプレゼントをくれる。これらの諸条件を兼ね備えた男を、やさしい人といっているらしい。

自分に快適なサービスを施してくれること

たとえば、女の子を迎えに駅までやって来た男の子が、荷物を抱えたおばあさんを見っけたとする。そして女の子に対して、おまえは歩け。俺は、このおばあさんを送ってくと言ったとしたら、その女の子にとって彼はちっともやさしくない人となってしまう。

自分に快適なサービスを施してくれることをやさしさとカン違いしてるかのように思えてしょうがない。そして、ちゃんとそれに応える男の子が多いことに、驚いてしまう。そうやってワがママな女の要求に応じることによって、ボクはやさしい男なんだと、これまたカン違いしてるらしい。

若いワがママな女の子にとって、自分をラクチンにさせてくれる男だけが、やさしい人なのである。世の中には、ワがママな人間と、それを我慢する人間の二種類がある。そして、ワがママな人間は、それを押し通せる相手を見つけるのが実にうまい。この、ワがママ型と我慢型は、生来の気質らしく、我慢人間に、もっとワがママ言ってもいいのよと言っても、いきなりワがママに振舞えないケースが多い。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚適齢期と出産

周りの人間が私の顔を見れば適齢期をロにします。結婚年齢は人様々だと思うのですが、この世にはなんで適齢期なんてあるんでしょう。私はいま適齢期ですが、まあ、適齢期を過ぎつつある微妙な年齢といえると思います …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …