スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼氏の家庭の事情で結婚できない

投稿日:

結婚しようと思っている彼の家庭の事情が複雑で、苦労しそうなのですが、とある人は語る。
彼は俺がみんなを幸福にしてみせる、と責任感のかたまりになってしまいました。そして私には、長男の嫁という意味で、彼の家族を立てろとか、気に入らないことがあっても顔に出すな、などといいます。

私は彼のことを愛しているのでどんなことがあってもがんばりたいと思いますが、このままだといつか爆発しそうで不安です。正直いって迷い始めています。この先、何十年もがまんする自信がありません。どうすればいいんでしょうか?

私には結婚を約束した彼。お互いの将来の夢などを語り合ったりしていましたが、1カ月前に彼の両親が離婚してしまいました。彼の家族は母親と妹一人という女性ばかりになってしまいました。

一万分の一くらいの確率で

一万分の一くらいの確率で、母と妹二人が病で数年のうちに死んでしまうかもしれません。そうなれば三人の菩提を用って、あなたは彼と二人で幸福に暮らせます。しかし、まあ、現実はおそらく、九割の確率で、あなたは始、小始に対する気づかいで大逆上、家を飛び出すことになるでしょう。そのとき、四分の一くらいの確率で突然、彼が、今、目がさめた。俺にとってこの世で一番大切なのはきみだった。戻ってくれ。おふくろたちとは別居するよといってくれるかもしれません。

もし、かつて別れた彼と偶然出会ったとします。いやあー、おふくろと妹が事故に遭っちゃってねー。今、俺一人なんだよと彼がいったとします。とにかく、人生とは何が起こるかしれないのですから、一万分の一くらいの確率でそうなるかもしれないといえるのです。そうなったとき、かっての恋人同士の間に激情が生まれるのはいわずもがなです。あなたが結婚生活において築いていた家庭はうちこわされるかもしれません。それよりも、条件の悪さを承知して結婚したとします。

もし、彼が、ああ、そんなに嫌なら出てけといえば、さっさと離婚しましょう。好きで好きでたまらなかった彼と一度は結婚し、そしてやはり一緒にはいられなかったことを体験したのだから、もはや未練などないでしょう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らし …

no image

デート中に犬などに出くわしたら撫でてあげよう

犬好きの女性にとって、犬好きの男は、それだけで「心が温かい」と映る。だが、特別に犬好きではない女性でも、動物をいつくしむ男には安心感をおぼえところがある。いかにも環末でセコいノウハウのように思われるか …

no image

自己開示をはかるタイミングをはずすと大失敗につながる

「自己開示」は、タイミングをはずすと大失敗につながる。ちょうどいい例があるので、紹介しておこう。あるとき、某広告代理店の女子社員のトイレで、こんな話が持ち上がった。「え、あなたもやられたの。ヤッダーッ …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …