スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼の年齢にこだわる

投稿日:

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男性のようにさえ思えます。彼は失恋したばかりといってます。思いを打ち明けてもいいでしょうか。

なぜ、あなたはそれほど彼の年齢にこだわるのでしょうか。そのほうがずっと問題だと思います。男性には、いつも私の優位にいてほしいという潜在意識があなたの内にひそんではいませんか。自分より頭がよく、自分より高収入で、自分より背が高く、自分より年が上。女性は一般に、このような条件を結婚相手に求めます。

年齢なんて関係ありません。つい最近も、知人の男性編集者が6歳年上の女性と結婚しました。子連れのホステスと結婚したのもいれば、人妻を離婚させてわが妻として迎えた男性もいます。条件なんて、愛があればすべて関係ないのです。

きみってかわいいねと一言いわれただけで

バリバリのキャリアウーマンが、自分よりもう少し有能で理屈っぽい男から、きみってかわいいねと一言いわれただけでコロリと参ってしまう話がレディスコミックによくあります。これは、どうしても男性に優位に立ってもらいたい古い女の意識に基づくストーリーです。でも、女を負かすことによって愛を感じる男なんて、じつはロクでもないやつだと思いませんか。いつも女性を自分より下位に置こうとする男性至上主義がミエミエです。

すべて自分より優れている男性。そういった男の庇護の下でぬくぬく甘やかされて生活したい願望があるのでしょうか。愛は違うと思います。自分より優れているものしか愛さないというのはおかしい。もしそうなら、母は何もかも自分より劣っている赤ん坊を愛せなくなるではありませんか。それよりも、自分より有能な女性に、敬意を払いつつ愛を示してくれる男性のほうがずっと立派だと思います。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

年とってからモテたいならば若い頃から自分を磨くこと

若いうちに女性は、内面を磨くべきか、外ヅラを磨くべきか。若いうちにモテたいなら、外ゾラを、とにかく磨くべきデス、とある人は語る。若い男の子は、なんせ、女の外面しか見ないのだから。若い時分、私は、間違っ …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …