スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼以外の男性からアプローチがあった

投稿日:

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。

広い世界には私に合う人がいると思うのは危険なことである。もし、あなた以外の女の影が、彼から感じられたら、今まで以上に優しく彼に接してあげましょう。彼がやましさに自己嫌悪に陥るくらい優しく、優しく、かわいらしく振舞うのです。そして、すべて、知っているのよという鋭い態度を一瞬示し、そして、また、優しく優しくの女にささやくのです。

もし、うまくやり通せたなら、二者を冷静に比較し、よりよき方を選べばいい。ここで大切なのは、短期間という点。長期にわたると、かなりなエネルギーが必要。疲れてくると、必ずボロが出ます。そうしないためにも、短期決戦。

もし、世界に手を広げたとして、モロッコの奥地の放牧民とあなたに共通の趣味が見つけられるでしょうか。世界にはばたくより、日本でもう一度見つめ直す方が、より、趣味の似通った相手に巡り合える確率が高いと思います。

夫婦の好みが似てくるのと同じこと

趣味の不一致が彼とのケンカの原因となる。それが原因で別れようと思うのなら、ちょっと待ってみて下さい。いったい、日本中探して、何もかもあなたと趣味、好みが一緒の男性なんているでしょうか。

もっと広い世界には、もっとアタシにびったり合う男性がいるはずだわ、と思うのは危険なことです。結局、一番身近な男性が、一番趣味、好みが近かったりするものです。これは、長年連れ添った夫婦の好みが似てくるのと同じことです。

ですから、ピッタリくる相手を探すより、今いる相手とピッタリくるまで、じっくりつき合う方が得策のような気がします。今つき合っている彼が退屈だとしても、それ以上の相手が日本に存在するかどうかということを謙虚に考えてみることが置競を解決する方法でもあるのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまり …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …