スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼以外の男性からアプローチがあった

投稿日:

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。

広い世界には私に合う人がいると思うのは危険なことである。もし、あなた以外の女の影が、彼から感じられたら、今まで以上に優しく彼に接してあげましょう。彼がやましさに自己嫌悪に陥るくらい優しく、優しく、かわいらしく振舞うのです。そして、すべて、知っているのよという鋭い態度を一瞬示し、そして、また、優しく優しくの女にささやくのです。

もし、うまくやり通せたなら、二者を冷静に比較し、よりよき方を選べばいい。ここで大切なのは、短期間という点。長期にわたると、かなりなエネルギーが必要。疲れてくると、必ずボロが出ます。そうしないためにも、短期決戦。

もし、世界に手を広げたとして、モロッコの奥地の放牧民とあなたに共通の趣味が見つけられるでしょうか。世界にはばたくより、日本でもう一度見つめ直す方が、より、趣味の似通った相手に巡り合える確率が高いと思います。

夫婦の好みが似てくるのと同じこと

趣味の不一致が彼とのケンカの原因となる。それが原因で別れようと思うのなら、ちょっと待ってみて下さい。いったい、日本中探して、何もかもあなたと趣味、好みが一緒の男性なんているでしょうか。

もっと広い世界には、もっとアタシにびったり合う男性がいるはずだわ、と思うのは危険なことです。結局、一番身近な男性が、一番趣味、好みが近かったりするものです。これは、長年連れ添った夫婦の好みが似てくるのと同じことです。

ですから、ピッタリくる相手を探すより、今いる相手とピッタリくるまで、じっくりつき合う方が得策のような気がします。今つき合っている彼が退屈だとしても、それ以上の相手が日本に存在するかどうかということを謙虚に考えてみることが置競を解決する方法でもあるのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …

no image

デートはお金かけるだけが芸ではない

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこ …

no image

リッチな男に見せるのはよくない

IT関連企業の若社長ならいざ知らず、一般のサラリーマンがそんなに金回りがいいはずがないことは、よほどモノを知らない女性でも常識のはずである。無理をした姿というのは、女性に二つの悪印象を抱かせる。 バブ …

no image

結婚して地方に嫁ぐ悩み

彼と結婚すると一生地方暮らし。彼をとるか東京をとるか悩んでいます、とある語るある人。彼をとるか、大好きな生まれ育った東京をとるかで悩んでます。つまり、東京風の彼をとるか、彼なしの東京をとるか、です。ど …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …