スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

投稿日:

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれに倍する損害を受ける。ギアのチェンジアップのたびに、クラッチを切った瞬間にプォーンと空ぶかしをする人もいる。

横断歩道を渡っていて突然、後ろでプォーン、プォーンとやられることがある。中年以上のおばさん連中は小走りに逃げていく。このシーンも交差点でよく見かける。まったくハタ迷惑でナンセンスきわまりない行為だ。こんなライダーはオートバイ乗りの風上にもおけない。オートバイのメカもよく理解していないにちがいない。

シフトダウンのときに行なう空ぶかしにしても、ギアとギアの間の回転数の違う分だけ上げて、シフトダウン時のショックをやわらげればよいのだから、空ぶかしと聞こえるようなら、回転を上げすぎと思って正確にアクセルコントロールできるまで練習したほうがいい。

エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握る

発進はスムーズにできた。シフトアップもまあまあだ。けれど交差点にきて停止するときにエンストしてしまう。これも初心者にありがちなこと。止まるときについブレーキに気をとられて、クラッチレバーを握ることを忘れてしまうのだ。いずれにしても、エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握ればすむことだ。

空ぶかしをしないとエンストを起こすなんていうのは、キャブレターのアイドリング調整を完璧に行なえば解決するわけだから言い訳にはならない。要するに空ぶかしはどんな場合でもすべきではない。百害あって一利なし。あなたがオートバイを愛しているなら、エンジンはできるだけ一定の回転を保っていたほうが、耐久性のためにも燃費節約のためにも有利なのだ。しかしミッションのシフト位置はどうだろう。こんな場合、たいていはトップにはいったままというのがほとんどで、シフトダウンするヒマなどなかったというのがオチだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …