バイク

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれに倍する損害を受ける。ギアのチェンジアップのたびに、クラッチを切った瞬間にプォーンと空ぶかしをする人もいる。

横断歩道を渡っていて突然、後ろでプォーン、プォーンとやられることがある。中年以上のおばさん連中は小走りに逃げていく。このシーンも交差点でよく見かける。まったくハタ迷惑でナンセンスきわまりない行為だ。こんなライダーはオートバイ乗りの風上にもおけない。オートバイのメカもよく理解していないにちがいない。

シフトダウンのときに行なう空ぶかしにしても、ギアとギアの間の回転数の違う分だけ上げて、シフトダウン時のショックをやわらげればよいのだから、空ぶかしと聞こえるようなら、回転を上げすぎと思って正確にアクセルコントロールできるまで練習したほうがいい。

エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握る

発進はスムーズにできた。シフトアップもまあまあだ。けれど交差点にきて停止するときにエンストしてしまう。これも初心者にありがちなこと。止まるときについブレーキに気をとられて、クラッチレバーを握ることを忘れてしまうのだ。いずれにしても、エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握ればすむことだ。

空ぶかしをしないとエンストを起こすなんていうのは、キャブレターのアイドリング調整を完璧に行なえば解決するわけだから言い訳にはならない。要するに空ぶかしはどんな場合でもすべきではない。百害あって一利なし。あなたがオートバイを愛しているなら、エンジンはできるだけ一定の回転を保っていたほうが、耐久性のためにも燃費節約のためにも有利なのだ。しかしミッションのシフト位置はどうだろう。こんな場合、たいていはトップにはいったままというのがほとんどで、シフトダウンするヒマなどなかったというのがオチだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加