スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

投稿日:

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれに倍する損害を受ける。ギアのチェンジアップのたびに、クラッチを切った瞬間にプォーンと空ぶかしをする人もいる。

横断歩道を渡っていて突然、後ろでプォーン、プォーンとやられることがある。中年以上のおばさん連中は小走りに逃げていく。このシーンも交差点でよく見かける。まったくハタ迷惑でナンセンスきわまりない行為だ。こんなライダーはオートバイ乗りの風上にもおけない。オートバイのメカもよく理解していないにちがいない。

シフトダウンのときに行なう空ぶかしにしても、ギアとギアの間の回転数の違う分だけ上げて、シフトダウン時のショックをやわらげればよいのだから、空ぶかしと聞こえるようなら、回転を上げすぎと思って正確にアクセルコントロールできるまで練習したほうがいい。

エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握る

発進はスムーズにできた。シフトアップもまあまあだ。けれど交差点にきて停止するときにエンストしてしまう。これも初心者にありがちなこと。止まるときについブレーキに気をとられて、クラッチレバーを握ることを忘れてしまうのだ。いずれにしても、エンストは止まる寸前にクラッチレバーを握ればすむことだ。

空ぶかしをしないとエンストを起こすなんていうのは、キャブレターのアイドリング調整を完璧に行なえば解決するわけだから言い訳にはならない。要するに空ぶかしはどんな場合でもすべきではない。百害あって一利なし。あなたがオートバイを愛しているなら、エンジンはできるだけ一定の回転を保っていたほうが、耐久性のためにも燃費節約のためにも有利なのだ。しかしミッションのシフト位置はどうだろう。こんな場合、たいていはトップにはいったままというのがほとんどで、シフトダウンするヒマなどなかったというのがオチだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …