スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

カップルの共通点を見つける

投稿日:

「柔術マジシャン、のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。この人の技の流れって、なんか肉体のインテリジェンスみたいなものを感じちゃう」「うれしい話だなあ。僕も、ノゲイラが出てきたときからのファンなんだ。ね、勉強会のつもりで、さいたまアリーナのプライド、いっしょに見に行こうよ。

今度のさいたまアリーナ、メーン・イベントがノゲイラ戦なんだ」「うん、行く行く」というはうに、楽々とデートまでもっていけてしまう。この二人が、ウド鈴木チックな男と山田優チックな女だったとしても、こんな会話が成立するに違いない。

好きなものが同じだったり趣味が同じだったりすれば、もちろん、会話がはずむ。そういう共通点が、フォローの風になってくれることは言うまでもない。「へえ、けっこうシットリムードなのに、格闘技が好きなんだ。意外だなあ。で、誰がいちばん好きなの?」。

あきらめずに何かの共通点を探すこと

その二人が連れ立って格闘技を見に行くことも、それなりのリアリティーがある。では、趣味にも共通点が見つけられなかった場合はどうするか?それでも、あきらめずに何かの共通点を探すことだ。たとえば、「一人っ子」なんてことでもいい。

「僕は、お兄さんがほしかった。だから、どうしても、年上の男にお兄さん的な存在を求めてしまうんだよね」「私はね、妹がほしかった。私、服のコーディネートとか研究するの好きだから。かわいい妹がいたら、帽子からバッグから靴下までコーディネートしてやるのにな」この共通点は、デートに誘うきっかけにはなりにくい。

この少子化時代にあっては、一人っ子はまったくめずらしくない。だが、話のもっていきようでは、二人の共通点にしてしまうことができる。でも、そんなことは気にせずに、ひたすら今の会話を楽しむことだ。ともかく、一に会話、二にも会話、三にも会話なのだから。突破口は、かならず会話の中から見つかるはずである。ささいな共通点を探し出して強調するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …