スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

カップルの共通点を見つける

投稿日:

「柔術マジシャン、のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。この人の技の流れって、なんか肉体のインテリジェンスみたいなものを感じちゃう」「うれしい話だなあ。僕も、ノゲイラが出てきたときからのファンなんだ。ね、勉強会のつもりで、さいたまアリーナのプライド、いっしょに見に行こうよ。

今度のさいたまアリーナ、メーン・イベントがノゲイラ戦なんだ」「うん、行く行く」というはうに、楽々とデートまでもっていけてしまう。この二人が、ウド鈴木チックな男と山田優チックな女だったとしても、こんな会話が成立するに違いない。

好きなものが同じだったり趣味が同じだったりすれば、もちろん、会話がはずむ。そういう共通点が、フォローの風になってくれることは言うまでもない。「へえ、けっこうシットリムードなのに、格闘技が好きなんだ。意外だなあ。で、誰がいちばん好きなの?」。

あきらめずに何かの共通点を探すこと

その二人が連れ立って格闘技を見に行くことも、それなりのリアリティーがある。では、趣味にも共通点が見つけられなかった場合はどうするか?それでも、あきらめずに何かの共通点を探すことだ。たとえば、「一人っ子」なんてことでもいい。

「僕は、お兄さんがほしかった。だから、どうしても、年上の男にお兄さん的な存在を求めてしまうんだよね」「私はね、妹がほしかった。私、服のコーディネートとか研究するの好きだから。かわいい妹がいたら、帽子からバッグから靴下までコーディネートしてやるのにな」この共通点は、デートに誘うきっかけにはなりにくい。

この少子化時代にあっては、一人っ子はまったくめずらしくない。だが、話のもっていきようでは、二人の共通点にしてしまうことができる。でも、そんなことは気にせずに、ひたすら今の会話を楽しむことだ。ともかく、一に会話、二にも会話、三にも会話なのだから。突破口は、かならず会話の中から見つかるはずである。ささいな共通点を探し出して強調するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

激情結婚披露宴を見ていて思ったこと

K柳の夫が親離れするときを危惧するのは私だけだろうか。K柳の激情結婚披露宴を見ていて思ったのは、彼女の年下の新夫と、我が家の3歳の息子が非常に似ているということである。いつも必ず、からだのどこかが触れ …

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …

no image

恋は麻疹に似ているともいわれるが

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならな …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …