スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

カップルの共通点を見つける

投稿日:

「柔術マジシャン、のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。この人の技の流れって、なんか肉体のインテリジェンスみたいなものを感じちゃう」「うれしい話だなあ。僕も、ノゲイラが出てきたときからのファンなんだ。ね、勉強会のつもりで、さいたまアリーナのプライド、いっしょに見に行こうよ。

今度のさいたまアリーナ、メーン・イベントがノゲイラ戦なんだ」「うん、行く行く」というはうに、楽々とデートまでもっていけてしまう。この二人が、ウド鈴木チックな男と山田優チックな女だったとしても、こんな会話が成立するに違いない。

好きなものが同じだったり趣味が同じだったりすれば、もちろん、会話がはずむ。そういう共通点が、フォローの風になってくれることは言うまでもない。「へえ、けっこうシットリムードなのに、格闘技が好きなんだ。意外だなあ。で、誰がいちばん好きなの?」。

あきらめずに何かの共通点を探すこと

その二人が連れ立って格闘技を見に行くことも、それなりのリアリティーがある。では、趣味にも共通点が見つけられなかった場合はどうするか?それでも、あきらめずに何かの共通点を探すことだ。たとえば、「一人っ子」なんてことでもいい。

「僕は、お兄さんがほしかった。だから、どうしても、年上の男にお兄さん的な存在を求めてしまうんだよね」「私はね、妹がほしかった。私、服のコーディネートとか研究するの好きだから。かわいい妹がいたら、帽子からバッグから靴下までコーディネートしてやるのにな」この共通点は、デートに誘うきっかけにはなりにくい。

この少子化時代にあっては、一人っ子はまったくめずらしくない。だが、話のもっていきようでは、二人の共通点にしてしまうことができる。でも、そんなことは気にせずに、ひたすら今の会話を楽しむことだ。ともかく、一に会話、二にも会話、三にも会話なのだから。突破口は、かならず会話の中から見つかるはずである。ささいな共通点を探し出して強調するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

自分を売り買いのような交渉に乗っかる女だとはけっして思いたくない

あるバーで、一人の客が、店内の暖房を弱めてくれと要求した。ママは、当然のことのように客の要求に応じた。すると、若いホステスが「困っちゃうな、あたし冷え性なのに」と裸の肩をさすり始めた。そこで、問題の要 …

no image

年とってからモテたいならば若い頃から自分を磨くこと

若いうちに女性は、内面を磨くべきか、外ヅラを磨くべきか。若いうちにモテたいなら、外ゾラを、とにかく磨くべきデス、とある人は語る。若い男の子は、なんせ、女の外面しか見ないのだから。若い時分、私は、間違っ …

no image

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。 ときには、相手が初対面の女 …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …