ニキビ

顔のたるみ解消は表情筋トレーニングで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・表情筋を鍛えてたるみを解消

加齢により表情筋自体の緊張は低下してきます。顔には約40種類もの筋肉があり、私たちの感情を表現するために絶えず動いていますが、普段の生活ではこの表情筋を約30%しか使っていないと言われています。表情筋は体の筋肉と同じで、積極的に動かすことによって鍛えることができます。効果的なのが表情筋トレーニングです。トレーニングを行ってすぐにたるみ改善の効果が現れるわけではないので、毎日少しずつでも続けることが大切です。表情筋トレーニングをすることで顔の血流も促進されるので、肌の細部まで栄養が行き渡ります。

糖分の摂り過ぎは、タンパク質からできているコラーゲンを劣化させてしまう糖化という現象を引き起こしてしまいます。抗酸化&抗糖化でたるみ対策たるみの原因である真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少・変性を抑制するタミンEなどを積極的に摂ることも必要です。甘いものがやめられない!という人も多いと思いますが、たるみの原因になるので、せめて半分に減らしましょう。

コラーゲンやエラスチンの変性や減少が原因

・脂肪(たるみ)コラーゲンやエラスチンの変性や減少が原因

たるみは目尻や頼、フェイスラインなど、比較的脂肪が多い部分によく見られ、しわと同様にコラーゲンやエラスチンが変性・減少することによって起こります。頼のたるみや二重あごなどは実年齢より老けた印象を与えてしまいます。年齢を重ねるにつれて重力に従うかのように落ちてくる頼。肌は重力によって下へ下へとたるんでしまうのです。また、体のたるみは、インナーマッスルを鍛える運動を取り入れて解消しましょう。

・しわの発生と栄養不足

しわの発生と栄養不足は密接な関係があるので、タンパク質・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEやミネラルを食事から積極的に摂取することは大切です。表情筋トレーニングも取り入れながら、総合的なケアでしわを予防していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加