スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

顔以外のニキビにも気をつけよう

投稿日:

いくらスキンケアしてもニキビが全然治らない。そんな声を聞くことがありますが、原因が体内にあるニキビは、外側からのケアでは予防できにくいのです。体の中からニキビを追放するために漢方薬を利用する方法があります。ただし、服用するためには強い、弱いなどの体力が関係してきますので、説明書をよく読んで、正しく服用することが必要です。

漢方薬は、ニキビ以外にも効果があるとされているもので、食生活を改善しながら上手に利用してみましょう。でも気をつけてほしいのは、早くニキビを消したいばかりに、通常より多めに服用したり、回数を増やしたり、ひとりよがりの使用法は決してしないということです。間違った服用は、他のトラブルのもとになったりするので、充分に気をつけてください。

意外な部分にニキビが出現

寝不足が続くと意外な部分にニキビが出現することもあります。生活全般にわたって、顔と体全体のニキビケアを心がけるためには、やはり生活態度の改善が必要です。背中、胸、首など部分にかかわらす、体のニキビには外的な要因があるのです。シーツやパジャマが汚れている直接、肌に触れるパジャマやシーツなどが汚れていると、毛穴に汚れがついて、そこからニキビになる可能性が大きいもの。いつも清潔にする習慣をつけて。

体のニキビケアにいちばん効果があるのが、実はバスタイムなのです。洗いづらいということもありますが、背中はなかなか手入れがいき届かない部分ですね。なるべくタオルでよく洗う習慣をつけ、お風呂上がりのケアも忘れないこと。背中や首、胸などにニキビができる人も多いはずです。顔と同じように、よく洗って汚れを落とし、毛穴を清潔に保つことが大切ですが、化粧水をつけたりパックをするというわけにはいきませんね。ては、体のニキビは、どう予防したらいいのてしょう。顔だけでなく、もちろん体全体に皮脂は分泌されているので、脂っこい食べ物を多く食べすぎたりすると、背中などにニキビがポツンとできます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌の人の洗顔方法

実はドライ肌の乾燥対策には、化粧水と美容液のコンビが最適なのです。美容液は、油分を補うのではなく水分補給が目的ですから、肌が乾燥するのにニキビがてきるという人には安心の保湿コスメです。しかも、美容液は …

no image

ブリッジセラピーなどの効果

もうすぐ40歳に手が届くかな、という年齢になった頃から、急に目尻の下あたりにシミやソバカスが目立ちはじめる女性がいます。そういう人は、シミ・ソバカスを隠すために、あるいは少しでも薄くするために美白効果 …

no image

PDTなどのニキビ治療機について

PDTやフォトクリアの治療は口コミでその効果が伝わっているようで、スキンケアクリニックでは、フォトフェイシャルアクネスとフォトフェイシャルDEEP+ラジオ波の基本コンビネーションを受ける方の半数以上が …

no image

ニキビがあるとメイクはできないの?

ニキビ肌だからメークできない。そうあきらめているあなた。もちろん、塗らないことがニキビケアの前提ではあるのですが、大人になるとデートはもちろん、改まった席への出席などどうしてもメークが必要なときがあり …

no image

ニキビの塗り薬で市販のものには注意しよう

ニキビを想定した塗り薬のなかには、皮脂抑制の効果によって皮フの保湿性が失われたり、かえって角化異常が起こってニキビができやすくなることもあるので、こうした市販薬を使う場合は自分の症状に適したものを選ぶ …