スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

顔以外のニキビにも気をつけよう

投稿日:

いくらスキンケアしてもニキビが全然治らない。そんな声を聞くことがありますが、原因が体内にあるニキビは、外側からのケアでは予防できにくいのです。体の中からニキビを追放するために漢方薬を利用する方法があります。ただし、服用するためには強い、弱いなどの体力が関係してきますので、説明書をよく読んで、正しく服用することが必要です。

漢方薬は、ニキビ以外にも効果があるとされているもので、食生活を改善しながら上手に利用してみましょう。でも気をつけてほしいのは、早くニキビを消したいばかりに、通常より多めに服用したり、回数を増やしたり、ひとりよがりの使用法は決してしないということです。間違った服用は、他のトラブルのもとになったりするので、充分に気をつけてください。

意外な部分にニキビが出現

寝不足が続くと意外な部分にニキビが出現することもあります。生活全般にわたって、顔と体全体のニキビケアを心がけるためには、やはり生活態度の改善が必要です。背中、胸、首など部分にかかわらす、体のニキビには外的な要因があるのです。シーツやパジャマが汚れている直接、肌に触れるパジャマやシーツなどが汚れていると、毛穴に汚れがついて、そこからニキビになる可能性が大きいもの。いつも清潔にする習慣をつけて。

体のニキビケアにいちばん効果があるのが、実はバスタイムなのです。洗いづらいということもありますが、背中はなかなか手入れがいき届かない部分ですね。なるべくタオルでよく洗う習慣をつけ、お風呂上がりのケアも忘れないこと。背中や首、胸などにニキビができる人も多いはずです。顔と同じように、よく洗って汚れを落とし、毛穴を清潔に保つことが大切ですが、化粧水をつけたりパックをするというわけにはいきませんね。ては、体のニキビは、どう予防したらいいのてしょう。顔だけでなく、もちろん体全体に皮脂は分泌されているので、脂っこい食べ物を多く食べすぎたりすると、背中などにニキビがポツンとできます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

毛穴開きの改善方法など

ニキビ治療を行うなかで、レーザーや光治療が毛穴の汚れを取り除き、開いた毛穴を引き締めて美しく肌理が細かな肌にするのに有効であることがわかってきました。現在では、ニキビ治療だけではなく、美容目的のために …

no image

ビタミンを多く含む食品でニキビを予防する

ビタミンEを多く含む食品は、女性ホルモンの働きを整えてくれるので、ぜひ二キビ予防にもとってほしいもの。このほかに、ビタミンCや葉酸、カロチンなども充分にとりましょう。なるべく気をつけてとりましょう。イ …

no image

肌の乾燥を防ぎ潤いを保つには

肌のターンオーバーが乱れると、皮膚表面に古くしなびた細胞が長くとどまることになり、うるおいのないガサガサした肌になってしまいます。しっとりとしたきめ細かな、質のいい肌をつくるには、新しい表皮細胞がどん …

no image

皮脂の分泌は男性ホルモンから

現在、医師たちの間では、ニキビの原因として次のような項目があげられています。 ・細菌の繁殖 ・生活習慣 ・生活環境 ・ストレスホルモンバランスの乱れ ・皮フの機能低下 これらは互いに関連しており、どれ …

no image

ピーリングはサイクルを正常化していく治療

・ピーリングで肌本来のカを取り戻し新陳代謝をアップ ピーリングはサイクルを正常化していく治療のこと。目的によってさまざまな方法や薬剤が選択されますが、皮膚の角質層の結合を弱めるAHAと呼ばれる成分や剥 …