スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女の話の聞き役になってあげる

投稿日:

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなことが背景になっている。

女性というのは、基本的に語り好きである。得意料理のこと、職場の人間関係、最近読んだ本のことなどにかこつけて、「自分語り」をする。そのことによって、不確かな自分の存在を確かめたいという気持ちがあるのだろう。街角の占い師に女性がハマるのも、おそらく自分を語る欲求が満たされるからだ。

だから、男は、意中の女性と二人きりになったら、自分が話すよりは女の話をくほうに徹しなくてはならない。とはいえ、そのリアクションがおざなりだと、は、たちまち「聞く振りをしているだけ」ということを見破る。

話をちゃんと聞ている姿とは

「私、カレーをつくるのが好きなの」と言われたとき、「あ、僕もなんだよ」と反応して、自分のオリジナルカレーの話を始める。「人の話を取る」とは、そういうことだ。その過ちをおかしたくなければ、「私、カレーをっくるのが好きなの」と言われたときは、「へえ、どんなカレーが得意なの?」と水を向けて、心ゆくまで彼女に語らせることだ。

話をちゃんと聞ている姿とは、ちゃんとしたリアクションができる姿にほかならない。つまり、き上手とは、話し上手のことでもあるのだ。もちろん、リアクションにまぎれて話を取ってしまうようなことも、してはならない。それでは、あなたは「話を聞かない男」の同類になってしまう。

最後まで聞いたあとに、ごく手短に、自分のオリジナルカレーの話をする。そういう返し、がないと、これもまた「聞いている振りをしているだけ」の男にされてしまう。ややこしくてたまらん?いやいや、そんなことはない。これは、「人の話を聞く」ことにおける、ごく自然な条理である。こうした「聞き上手」になれれば、あなたは、男女の世界のみならず、仕事の世界も人の世界もうまく渡っていくことができるのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …

no image

髪の長い女性が好きな男達

男ってなぜ髪の長い女性が好きなんでしょう?、とある女性は語る。男のほとんどどつして男ってバ力の一つ覚えみたいに、長の長い女が好きなんでしょうか? 男にとって長い髪とは、そんなにありがたいものなんでしょ …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …