スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女の話の聞き役になってあげる

投稿日:

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなことが背景になっている。

女性というのは、基本的に語り好きである。得意料理のこと、職場の人間関係、最近読んだ本のことなどにかこつけて、「自分語り」をする。そのことによって、不確かな自分の存在を確かめたいという気持ちがあるのだろう。街角の占い師に女性がハマるのも、おそらく自分を語る欲求が満たされるからだ。

だから、男は、意中の女性と二人きりになったら、自分が話すよりは女の話をくほうに徹しなくてはならない。とはいえ、そのリアクションがおざなりだと、は、たちまち「聞く振りをしているだけ」ということを見破る。

話をちゃんと聞ている姿とは

「私、カレーをつくるのが好きなの」と言われたとき、「あ、僕もなんだよ」と反応して、自分のオリジナルカレーの話を始める。「人の話を取る」とは、そういうことだ。その過ちをおかしたくなければ、「私、カレーをっくるのが好きなの」と言われたときは、「へえ、どんなカレーが得意なの?」と水を向けて、心ゆくまで彼女に語らせることだ。

話をちゃんと聞ている姿とは、ちゃんとしたリアクションができる姿にほかならない。つまり、き上手とは、話し上手のことでもあるのだ。もちろん、リアクションにまぎれて話を取ってしまうようなことも、してはならない。それでは、あなたは「話を聞かない男」の同類になってしまう。

最後まで聞いたあとに、ごく手短に、自分のオリジナルカレーの話をする。そういう返し、がないと、これもまた「聞いている振りをしているだけ」の男にされてしまう。ややこしくてたまらん?いやいや、そんなことはない。これは、「人の話を聞く」ことにおける、ごく自然な条理である。こうした「聞き上手」になれれば、あなたは、男女の世界のみならず、仕事の世界も人の世界もうまく渡っていくことができるのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

芸能人の恋の話

正露丸や龍角散。名前からして、由緒のありそうな薬たち。パブロンやルルよりは、古くから伝わってる薬だとすぐわかる。その長く愛された秘密は(薬の効用はもちろんだが)、どこか、一度好きになったら、ものすごく …

no image

意中の彼女に彼氏がいた場合

意中の彼女に迫るための方法。あなたから「彼氏はいるの?」と聞かれた彼女が、もしあなたに悪い印象を抱いていないとするなら、彼女がきわめて関心があるのは「いますよ」と答えた場合のあなたの反応である。自分の …

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

別れた彼氏と同じ職場だった場合

5年つきあってふられた彼は私の部下。いっしょにいるとつらくてたまりません、とある人は語る。年齢差もあったし、しかたないと思う半面、新しくできた彼女も私の部下です。同じ職場で、彼と彼女が毎日楽しそうにふ …

no image

女性を口説くのに最適な場所は高級フレンチなの!?

「女を口説くなら、高級フレンチ」と思っている男性が、けっこういる。フルコースとワイン。その舞台装置が、大きなフォローになってくれると考えるわけだ。しかし、フランス料理には一定のマナーがある。 しかも、 …