スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女の話の聞き役になってあげる

投稿日:

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなことが背景になっている。

女性というのは、基本的に語り好きである。得意料理のこと、職場の人間関係、最近読んだ本のことなどにかこつけて、「自分語り」をする。そのことによって、不確かな自分の存在を確かめたいという気持ちがあるのだろう。街角の占い師に女性がハマるのも、おそらく自分を語る欲求が満たされるからだ。

だから、男は、意中の女性と二人きりになったら、自分が話すよりは女の話をくほうに徹しなくてはならない。とはいえ、そのリアクションがおざなりだと、は、たちまち「聞く振りをしているだけ」ということを見破る。

話をちゃんと聞ている姿とは

「私、カレーをつくるのが好きなの」と言われたとき、「あ、僕もなんだよ」と反応して、自分のオリジナルカレーの話を始める。「人の話を取る」とは、そういうことだ。その過ちをおかしたくなければ、「私、カレーをっくるのが好きなの」と言われたときは、「へえ、どんなカレーが得意なの?」と水を向けて、心ゆくまで彼女に語らせることだ。

話をちゃんと聞ている姿とは、ちゃんとしたリアクションができる姿にほかならない。つまり、き上手とは、話し上手のことでもあるのだ。もちろん、リアクションにまぎれて話を取ってしまうようなことも、してはならない。それでは、あなたは「話を聞かない男」の同類になってしまう。

最後まで聞いたあとに、ごく手短に、自分のオリジナルカレーの話をする。そういう返し、がないと、これもまた「聞いている振りをしているだけ」の男にされてしまう。ややこしくてたまらん?いやいや、そんなことはない。これは、「人の話を聞く」ことにおける、ごく自然な条理である。こうした「聞き上手」になれれば、あなたは、男女の世界のみならず、仕事の世界も人の世界もうまく渡っていくことができるのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …

no image

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会 …

no image

説教すると女性に好意を持たれると勘違いしている男

ずいぶん昔の話になるが、有名作詞家が自分の知識を披露することで基有名性歌手のハートをつかんだ。二人は、恋愛を成就させて結婚した。だが、皮肉なことに、その作詞家が自分の知識と教養を妻に伝え続けようとした …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …