スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女の話の聞き役になってあげる

投稿日:

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなことが背景になっている。

女性というのは、基本的に語り好きである。得意料理のこと、職場の人間関係、最近読んだ本のことなどにかこつけて、「自分語り」をする。そのことによって、不確かな自分の存在を確かめたいという気持ちがあるのだろう。街角の占い師に女性がハマるのも、おそらく自分を語る欲求が満たされるからだ。

だから、男は、意中の女性と二人きりになったら、自分が話すよりは女の話をくほうに徹しなくてはならない。とはいえ、そのリアクションがおざなりだと、は、たちまち「聞く振りをしているだけ」ということを見破る。

話をちゃんと聞ている姿とは

「私、カレーをつくるのが好きなの」と言われたとき、「あ、僕もなんだよ」と反応して、自分のオリジナルカレーの話を始める。「人の話を取る」とは、そういうことだ。その過ちをおかしたくなければ、「私、カレーをっくるのが好きなの」と言われたときは、「へえ、どんなカレーが得意なの?」と水を向けて、心ゆくまで彼女に語らせることだ。

話をちゃんと聞ている姿とは、ちゃんとしたリアクションができる姿にほかならない。つまり、き上手とは、話し上手のことでもあるのだ。もちろん、リアクションにまぎれて話を取ってしまうようなことも、してはならない。それでは、あなたは「話を聞かない男」の同類になってしまう。

最後まで聞いたあとに、ごく手短に、自分のオリジナルカレーの話をする。そういう返し、がないと、これもまた「聞いている振りをしているだけ」の男にされてしまう。ややこしくてたまらん?いやいや、そんなことはない。これは、「人の話を聞く」ことにおける、ごく自然な条理である。こうした「聞き上手」になれれば、あなたは、男女の世界のみならず、仕事の世界も人の世界もうまく渡っていくことができるのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …

no image

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。 ときには、相手が初対面の女 …

no image

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません。この仕事将来性ないんでしょうか?、とある人は語る。夢をなくし、愛を見失っているこの世の中に、本当に大切なものは、人と人との愛なのだ、お金じゃ買えない真心なのだ …

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …

no image

彼氏の家庭の事情で結婚できない

結婚しようと思っている彼の家庭の事情が複雑で、苦労しそうなのですが、とある人は語る。 彼は俺がみんなを幸福にしてみせる、と責任感のかたまりになってしまいました。そして私には、長男の嫁という意味で、彼の …