スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女との会話が盛り上がるようにするには

投稿日:

会話の力はすべてのカギを握っているといっていい。では、彼女との会話を盛り上げるには、どうしたらいいのか?それには、話題が豊富であるにかぎる。自分の生い立ちや趣味の話は、親しくないうちは、ほどほどにして切り上げたほうがいい。相手に、「本気で狙われている」という警戒心を抱かせるもとになるからだ。

それでは、望ましい会話の例を紹介しよう。会話のうまい男は、こんなぐあいに会話をはじめる。
「小川直也の『ハッスル、ハッスル』、あれ、やりたくないよね」「うんうん、絶対やりたくない」「小川直也で思い出したけど、プライドの司会をやってる小池栄子って、格闘家の女神みたいでいいよな」「えー、あたしは好きじゃないな。昔はボーッとしている感じが魅力的だったんだけど、最近は自分を意識しすぎていてつまらなくなった」「ふうん。それじゃ、今の女王って、誰だと課う?」「そりや、長谷川京子よ。

あの人、今、菊川拾に代わるCMの女王」「はあ、長谷川京子ね。ちょっと意外。話は変わるけど、『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、ずいぶん子供向けだったな。あれって、ディズニーランドのアトラクションを映画化しただけのものなんだって。だから、ストーリーがチャチなのは無理もないな」「へえ、そうなんだ。

『ロード・オブ・ザ・リング』は、けっこう内容が深かったけどね」「そりや、そうでしょう。あれは、トールキンの『指輪物語』が原作になっているんだから。『指輪物語』って、ヨーロッパの人にとっては、心の故郷みたいな存在らしいよ」「ああ、そうなんだあ」これくらいの広く浅い知識を持っていてこそ、彼女を楽しませ、かつ彼女の尊敬、を得ることができる。

自分の話や趣味の話

自分の話や趣味の話は、どんなに引き伸ばしても、ふつうは三〇分でネタがつきてしまう。いや、そういう話なら何時間でもできるという男は、早い話が自意識過剰のオタクとして、女たちから忌み嫌われるので論外といっていい。

彼女が振ってきた話の八割に有効回答、ができるようになれば合格。もちろんそのためには、日々の情報のインプットが重要なことはいうまでもない。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

ドライブデートの行き先を決める

ドライブは、デートの究極である。クルマの助手席に乗る女性は、途中で彼がいやになってもクルマから飛び降りることはできない。完全な個室なので、彼の手が横から伸びてくることもある程度は覚悟しなくてはならない …

no image

髪の長い女性が好きな男達

男ってなぜ髪の長い女性が好きなんでしょう?、とある女性は語る。男のほとんどどつして男ってバ力の一つ覚えみたいに、長の長い女が好きなんでしょうか? 男にとって長い髪とは、そんなにありがたいものなんでしょ …