スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

投稿日:

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうしたのよ」でしかない。たとえブランドの甘利きであっても、それはブランド品をほめたことにしかならないし、下手をすれば「質屋みたいなヤツ」と思われるのがオチだろう。

モノをほめるのは、じつはむずかしい。恋人同士なら問題なくても、カレシ以前の男が女性のアクセサリーやバッグをほめたりすると、ノゾキ魔みたいに思われかねない。

「そのスカート、すてきですね」なんていうのは、それがミニだったりすれば、スケベオヤジと見なされかねない。また、流行のグッズや高価なブランド品をほめても、女性はまず喜ばない。なぜなら、「流行」と「ブランド」には多くの女性がハマっているので、彼女だけの得点にはならないからだ。

「へえ、そのビーズ変わってるね。不思議と全体のファッションに合ってる」そのほめ言葉に対して、彼女は、こんなふうに言うことだろう。「でしょ。でもね、これ安いのよ。浅草のお祭りで買ったんだから」そのときの彼女の顔は、得意そうに輝いているはずだ。

彼女独特の工夫に目をつけること

たいていの女性は、一点か二点の「流行品」または「ブランド品」を身につけている。が、その一方で、自分だけのワンポイントかッーポイントのおしゃれを楽しんでいるものだ。ブランド品のセーターの上に安い古着を重ね着したり、縁日で買ったビーズを腕に巻いていたり。目利きになるならば、そういう彼女独特の工夫に目をつけることだ。

また、センスがいいという評価は、理知的という評価でもある。女性をそのように評価できる男が、したいだけの男よりもポイントが高くなることは言うまでもない。

モノから彼女独特のセンスに視点をずらせば、いくらでも彼女の洋服や持ち物をほめることができる。そういう視線を持った男は、もはやノゾキ魔でもスケベオヤジでも質屋でもない。彼女のセンス=人間そのものをほめてくれる、スペシャルな男性にほかならないのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

彼と会えないとき他の男の友達と遊ぶ女性

男友達の中にも、好きだといってくれる人もいて、はっきり彼氏がいるともいえず、というか彼氏と違う面があるとそっちもいいなあって思っちゃってずるずると全く違うタイプの人を好きになったりする。 私は学生のこ …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

カップルでできるスポーツ

柔道、合気道はすたれ、かわって、若者たちは、スキー、テニス、スキューバ、ゴルフである。ウェアがおしゃれである。二人以上で楽しめる。これが、人気のポイントであるらしい。少し前までは、ゴルフは認められてい …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …