スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

完全を求めることは不可能

投稿日:

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきましょう。子どもにも、物をなくしたからといって、すぐに買い与えるようなことはしないこと。不自由な思いをじゅうぶんにさせることです。

子どもたちがきくなって、わが国の担い手となるときには、日本が滅びるといったことが生じなければ幸いです。その心配があるのです。険約といった日常生活の中での美徳は、お母さんやお父さんの生活の仕方を見ていて、子どもが学習していくものです。ですから、どのように両親が険約に努力しているかについて、反省してみる必要がありましょう。

ズボンをはかせるときに足をあげ、上衣の袖に手を通すときに腕を曲げることに現われます。お母さんが着せやすいように協力してくれているのです。歩行がしっかりしてくると、親のしていることに、何らかの形で協力し始めます。

三歳前後になると、けっこう用事が足せるようになります。食卓に食器や著を並べたり、食べ終えたあとの食器の片づけをしてくれたりもするでしょう。しかし、それらは、子どもにとっては「遊び」の要素を多分に含んでいますから、自分のやり方にこだわったりもしますし、茶腕を落として割ったりすることもあります。

完全を望んではならない

そうなると、手伝ってもらわない方が手がかからなくてよいーなどと短気を起こすお母さんがいますが、子どもの教育は、心に「ゆとり」がなくてはできませんし、完全を望んではならないのです。

社会的に適応する力を養うためには、幼いころから、家庭の中での経験を豊かに与えることを「まかせる」ことができるようになっていることが大切です。その点で、すでに一歳を過ぎ、立ったり歩いたりするころから、お手伝いをする心が芽ばえてきているのを知っているでしょうか。

物を運ぼうとしていると、「いっしょに持つ」といってくれたり、来客があると、座布団を運ぶのを手伝ったりしようとするでしょう。そのときに、時間がかかっても、厄介ではあっても、いっしょに手伝ってもらい、「ありがとう」といって感謝しますと、ますますお手伝いをしたいという意欲がでてきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付け …

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

新生児に見られる特徴

赤ちゃんに見られる特長には、以下のようなことがあります。 ・テレビで動いている画面を好んで見る。 ・犬や猫が歩いていたり、食べていたり、動いていたりするのを興味をもって見る。 ・鳥力ゴの中で飛び回る小 …

no image

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには …

no image

子供の存在を否定しないでほめ讃えてあげること

何かができたときだけ「よくできました」「これができたなんていい子だね」。評価の世界の話です。今は何かができたりできなかったり、何かの条件を満たしたときにだけほめる方が多いように感じます。でもこれは間違 …