スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

投稿日:2015年5月3日 更新日:

・弁護士(弁護士会)

最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借主への取立てを控えるのが普通です。悪質な業者相手の借金トラブルは、弁護士に相談することをお勧めします。知り合いに弁護士がいない場合は、各弁護士会で紹介してもらったり、市区町村の主宰する無料法律相談などで面識を得た弁護士に相談してみることです。人には相性というものがあります。一般的に、法律相談は有料で、3分~1時間の相談で5000円~1万円程度です。いきなり依頼するのではなく、まず法律相談をしてみて、この人なら何でも話せそうだという弁護士に依頼するのもいい方法です。

監督官庁

違法な取立てや暴利を要求する業者は監督官庁に告発することです。貸金業者は、金融庁(実際の監督は財務局)や都道府県の監督下にあり、違法行為をした業者は営業取消しや営業停止の行政処分を受けます。

司法書士(司法書士会)

借金トラブルで悩んでいる場合は、認定司法書士に相談してみるのもいいでしょう。所定の研修を修了し、法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)は簡易裁判所の管轄する事件に限り、弁護士のように私たちの代理人として訴訟手続きに参加できます。一般論として、弁護士に依頼するよりも安い費用で裁判所の手続きを代行したり債務整理を行ってもらえます。どこに相談したらいいかわからないという人は、日本司法支援センター(法テラス)に問い合わせるといいでしょう。妥当な相談先を紹介してくれます。

過払金とは何か

過払金とは、簡単にいえば、貸金業者に返し過ぎたお金のことです。法律上、返す必要のないお金を返したわけですから、貸金業者に対してそのお金を返してほしいと請求することができます。法律に基づいていえば、消費者金融等の貸金業者から利息制限法1条に規定されている利率(15%~20%)を超える約定利息で借入れをしている場合(ほとんどの場合がそうです)に、利息制限法の定める法定利率に基づいて返済金の利息および元本への充当を再計算した結果算出される、本来支払う義務のない過剰な支払い分(金額)をいいます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認める裁判例は多い

真実擬制の効果は絶大。文書提出命令の決定が出たときは、貸金業者に対して極めて大きなダメージを与えることになります。真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認め、過払金の返還を命じた裁判例も多 …

no image

過払い金還請請求権の消滅時効

・過払い金還請請求権の消滅時効 一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済したの …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …

no image

4大メガバンクの下で再編が進み母体行との間で相乗効果

4大メガバンク(みずほ、三井住友、LFJ、三菱東京)の誕生の影響で、系列のカード会社の再編も進み、銀行との関係が一層緊密になったが、その過程で消えたブランドもある。一方、自動車、電気、通信、交通など各 …

no image

クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野

不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多いなか、クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野だ。販売信用のうち、クレジットカードによる支払いはカードショッピングと呼ばれて、販売信用の中心に …