スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

投稿日:2015年5月3日 更新日:

・弁護士(弁護士会)

最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借主への取立てを控えるのが普通です。悪質な業者相手の借金トラブルは、弁護士に相談することをお勧めします。知り合いに弁護士がいない場合は、各弁護士会で紹介してもらったり、市区町村の主宰する無料法律相談などで面識を得た弁護士に相談してみることです。人には相性というものがあります。一般的に、法律相談は有料で、3分~1時間の相談で5000円~1万円程度です。いきなり依頼するのではなく、まず法律相談をしてみて、この人なら何でも話せそうだという弁護士に依頼するのもいい方法です。

監督官庁

違法な取立てや暴利を要求する業者は監督官庁に告発することです。貸金業者は、金融庁(実際の監督は財務局)や都道府県の監督下にあり、違法行為をした業者は営業取消しや営業停止の行政処分を受けます。

司法書士(司法書士会)

借金トラブルで悩んでいる場合は、認定司法書士に相談してみるのもいいでしょう。所定の研修を修了し、法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)は簡易裁判所の管轄する事件に限り、弁護士のように私たちの代理人として訴訟手続きに参加できます。一般論として、弁護士に依頼するよりも安い費用で裁判所の手続きを代行したり債務整理を行ってもらえます。どこに相談したらいいかわからないという人は、日本司法支援センター(法テラス)に問い合わせるといいでしょう。妥当な相談先を紹介してくれます。

過払金とは何か

過払金とは、簡単にいえば、貸金業者に返し過ぎたお金のことです。法律上、返す必要のないお金を返したわけですから、貸金業者に対してそのお金を返してほしいと請求することができます。法律に基づいていえば、消費者金融等の貸金業者から利息制限法1条に規定されている利率(15%~20%)を超える約定利息で借入れをしている場合(ほとんどの場合がそうです)に、利息制限法の定める法定利率に基づいて返済金の利息および元本への充当を再計算した結果算出される、本来支払う義務のない過剰な支払い分(金額)をいいます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をす …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …

no image

銀行系カードはカード業界をリード

4大メガバンクをバックに加盟店数、サービスとも充実しているグループがある。銀行系カードを取扱高別にみると、最大手がJCB、次がVISAジャパン(三井住友カード・三井住友FG)、UCカード(みずほフィナ …

no image

法定利率を守らせるという意味から満額に近い金額でなければ和解したくない

裁判官は積極的に和解を勧めます。私としては金額を下げたくないだけでなく、法定利率を守らせるという筋を通す意味からも満額に近い金額でなければ和解したくありません。提訴して、主張・立証を方ーくし、貸金業者 …

no image

クレジット&ローン業界の近年の飛躍と大きな伸び

これまでクレジットカードというと、デパート、スーパー、またはレストラン、居酒屋などの飲食店での利用が中心だったが、最近は高速道路の料金から、タクシー料金、病院の診察料(人間ドックが中心)、催事場、携帯 …