スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

確定給付企業年金の給付の制限など

投稿日:2019年10月9日 更新日:

確定給付企業年金の給付の額は、特定の者について不当に差別的なものであってはならない(確定給付企業年金法第32条第2項)。第一号と第二号が、どちらかといえば、加入者期間や給与等から直接的に年金額を算定するイメージであるのに対し、第三号は、キャッシュバランスプランの性質上、どちらかといえば、まず確定給付企業年金の原資を算定したうえでそれを年金化するイメージとなっている。

第三号の規約で定める数値も、支給開始年齢などに応じて定めるものとされているが(令第24条第2項、規則第26条第2項、規則第27条)、こちらは、確定給付企業年金の原資を年金に換算する率(いわゆる年金換算率)が基本であり、その際に支給開始年齢などの要素を勘案するものとなっている。

確定給付企業年金法の規約で定める数値について

確定給付企業年金法の規約で定める数値については、第一号と第二号については、支給開始年齢や脱退から支給開始までの期間などに応じて定めるものとされており(令第24条第2項、規則第26条第1項、規則第27条)、たとえば、支給の繰下げを行う場合における増額率や、脱退から支給開始までの期間に応じて利子を加算する場合における率(いわゆる据置乗率)などが含まれるものとなっている。

確定給付企業年金の給付の額には、(代行給付の1割以上の上乗せ給付を行うことといった)厚生年金基金のような、給付水準の下限についての規制はない(もちろん上限についての規制もない)し、努力目標の水準(厚生年金基金では代行部分の284倍)なども定められていない。どのような水準とするかは、企業の労使における合意により、まったく自由である。確定給付企業年金の給付の額に差を設ける場合にあっては、基本的には、労働条件が異なるなど合理的な理由(従来から、自己都合とか会社都合とかいった退職事由によった差異を設けることも合理性があるものとして認められている)が必要である。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

老齢給付金の支給要件などについて

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

確定給付企業年金の運営は規約に基づいて行われる

確定給付企業年金の管理や運営は、法令の規定および法令の規定に基づき定めた規約に基づいて行われる。各確定給付企業年金の内容は、骨格はおおむね同じであるにしても、給付設計などの詳細は様々である。各確定給付 …

no image

株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について

別法人でない場合には、制度終了時の掛金債権の管理や将来的な課題となっている株主議決権の行使(企業年金の保有資産のうち株式について、株主として年金基金が議決権を行使すること)などの場面で問題が残るほか、 …

no image

脱退一時金(企業年金)の種類など

脱退一時金には大きく分けて2つの種類がある。1つは、老齢給付金の支給開始年齢以外の支給要件を満たしている者(支給開始年齢に到達したら老齢給付金を受給することができる者)に「支給することができる」脱退一 …

no image

年金積立不足に係る掛金債権

制度終了時の積立不足に係る掛金債権は、母体企業の更生手続きや清算手続きにおいて最も優先的に弁済されるべき債権の1つとして位置づけるとともに、加入員・受給者の年金受給権を保護する「最後の砦(ラスト・リゾ …