スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

確定給付企業年金の計算について

投稿日:2015年5月24日 更新日:

確定給付企業年金法では、給付の額の算定方法として、給付建ての企業年金にふさわしいと考えられるものを規定するという対応がなされている。具体的には、給付の額は、加入者期間または当該加入者期間における給与の額その他これに類するものに照らし、適正かつ合理的な方法により算定されたものでなければならないとされている(確定給付企業年金法第32条第2項)。

集団での運用実績によって給付額を決めるような仕組み(集団で確定拠出的な運営を行っているようなもの)は、加入者間でリスクをプールする面はあるが、将来の給付額がきわめて不確実であり、わが国における給付建ての企業年金の給付設計として妥当と言うことは難しいのではないかといったことなどを考慮に入れる必要があるだろう。

最も重要で難しい事項の1つ

第一号加入者期間に応じて定めた額に規約で定める数値を乗ずる方法。第二号加入者であった期間の全部又は一部における給与の額その他これに類するものの平均額又は累計額に、加入者期間に応じて定めた率及び規約で定める数値を乗ずる方法。「給与の額に類するもの」とは、いわゆるポイント制におけるポイントのことであり、前記の第一号と第二号は、従来から、適格退職年金や厚生年金基金で行われてきた給付設計に対応するものである。第三号加入者であった期間のうち規約で定める期間ごとの各期間につき、定額又は給与の額その他これに類するものに一定の割合を乗ずる方法により算定したものの再評価を行い、その累計額を規約で定める数値で除する方法。

確定給付企業年金における最も重要で難しい事項の1つは、給付建てであるということを、どのように表現するかということであろう。そもそも、給付建てとは一体何か。ちなみに、米国のエリサ法では、拠出建て(個人勘定型)の年金制度について、各加入者について個人勘定を設け、その個人勘定に拠出されたものが給付となる、つまり相互扶助のない年金制度、という旨の定義をしたうえで、給付建ての年金制度については、拠出建て(個人勘定型)の年金制度でない年金制度、という旨の定義がなされている箇所がある。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

国民年金の多段階免除制度を導入しても

「方向性と論点」では、基礎年金への国庫負担が現在の1/3から1/2に引き上げられることが前提とされている。というよりも、国庫負担引き上げの必要性を説得するために「方向性と論点」がまとめられているような …

no image

企業組織を柔軟に変更できるような法律改正が進むなか

企業組織を柔軟に変更できるような法律改正が進むなかで、企業年金の側でもそうした動きに柔軟に対応していく必要があるのは当然である。国際競争が激化するなかで、企業が経営資源を効率的に配分したり意思決定を迅 …

no image

企業年金の掛金の負担が大きい

企業年金は、公的年金とは違って賦課方式による財政運営はとり得ず、給付に必要な原資を退職時までに積み立てる事前積立方式による財政運営が必須である。過去分の給付債務はリストラによっても減少するものではない …

no image

規約型企業年金とは

加入者が300人未満の小規模の確定給付企業年金(基本的には規約型企業年金)については、簡易な財政運営等を行うことができるよう配慮されているので、そういう意味では、若干の相違があるといえるかもしれない。 …