スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

確定給付を企業が新たに実施する場合など

投稿日:2015年5月24日 更新日:

ある企業が新たに確定給付企業年金を実施しようとする場合、実際に確定給付企業年金の加入者であった期間しか加入者期間に算入できないとすると、従来からその企業に勤務していた者は相対的に加入者期間が短くなってしまう。

いったん離職したのちもとの職場に復帰することもある。こうした場合に、加入者期間が細切れになってしまうと、受給資格や給付の額などについて不利となりかねないので、加入者の資格を喪失した後、再びもとの確定給付企業年金の加入者の資格を取得(再加入)したときには、前後の加入者期間を合算することができることとなっている(確定給付企業年金法第28条第2項)。

出向などにより一時的に他の企業に勤務する場合における処遇のあり方は、企業間の連携の仕組みによって様々で、現時点で勤務している企業の体系に基づく場合もあるだろうし、本来勤務していた(そしていずれは復帰する予定の)企業の体系に基づく場合もあるだろう。

企業の実態に応じて柔軟な対応が可能となるよう

このような場合、企業の実態に応じて柔軟な対応が可能となるよう、あらかじめ規約で定めた他の事業所に使用されていた期間(令第22条第1項第3号)や、確定給付企業年金の実施前の期間のうち確定給付企業年金が実施されていたとしたなら加入者となったであろう期間(令第22条第1項第1号)などの全部または一部を加入者期間に算入することができるようになっている(確定給付企業年金法第28条第3項)。

合算されたときに、資格を喪失したときまでの加入者期間に係る脱退一時金の受給権を有している場合には(支給の繰下げを行っている場合)、その脱退一時金の受給権は合算に伴いいったん消滅し、次に受け取る老齢給付金や脱退一時金につながっていくこととなる(令第27条第2項第3号)。資格を喪失したときに、それまでの加入者期間に係る給付をすべて受け取ってしまっていた場合には、合算することはできない(令第21条)。

給付の内容と支給要件確定給付企業年金の給付には、その支給理由により、老齢給付金、脱退一時金、障害給付金、遺族給付金がある。これらのうち、老齢給付金と脱退一時金は、必ず行わなければならないものであり義務的給付といえる(脱退一時金を行わなくてもよいケースもあり得るが)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

適格退職年金や確定拠出年金などについて

適格退職年金や確定拠出年金において、年金は、(終身は別として)5年以上にわたり支給するものとなっている。各給付の支給要件(どのような状態になったときに支給するかとか、その際どのような条件を満たしている …

no image

規約型企業年金とは

加入者が300人未満の小規模の確定給付企業年金(基本的には規約型企業年金)については、簡易な財政運営等を行うことができるよう配慮されているので、そういう意味では、若干の相違があるといえるかもしれない。 …

no image

確定給付企業年金法について

・企業年金法は当初は、企業年金基本法として構想 企業年金法は当初は「企業年金基本法」として構想されていた。1998(平成10)年3月31日の「規制緩和推進3カ年計画」(閣議決定)も同趣旨の内容となって …

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

企業年金の給付建てのポイント制の給付設計への変更など

日本経済の構造改革を進めるためには人的資源を再配分する必要があり、このため労働市場の流動化を進めることが必要との主張もある。日本経済の構造変化に対応して、一部の企業では退職金の前払い制や成果主義の賃金 …